第1回 プロで活躍する社会人野球戦士たち(前編)2013年06月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]社会人野球を盛り上げた東京ガスコンビ
[2]2010年大ブレークの牧田和久
[3]社会人になって変身した十亀剣

2010年大ブレークの牧田和久

池辺(JX-ENEOS)

牧田 和久(日本通運時代のピッチング)

 通常、社会人野球のドラフト候補はドラフト解禁前の前年にアピールし、上位候補として期待されて、期待通りのパフォーマンスを示して、プロ入りというのが王道なパターンだ。しかし、僅か1年間のパフォーマンスで、そのままプロ入りというのは、潜在能力の高さ、即戦力で活躍出来ると思わせる活躍を見せなければならない。年齢が高くなるほどのそのハードルは高くなる。そのハードルを乗り越え、上位指名を受けた選手がいる。それが埼玉西武ライオンズで活躍する牧田和久だ。

 牧田和久は榎田、美馬のように前年からドラフト候補になる兆しはなかった。2010年を迎えるまで、ドラフト候補として入っていなかった。というのも、彼は入社2年目に右膝前十字じん帯を断裂し、長期間の離脱していた。

 だが牧田はその期間に自分の投球を見つめ直した。そして2010年。スポニチ大会で7回参考ながらノーヒットノーランを達成する。南関東予選を勝ち抜き、日本通運の10年連続の都市対抗出場に貢献するのだ。そして迎えた都市対抗。牧田は日本新薬戦で4安打完封勝利。そして2回戦では2009年に日本選手権優勝のJR九州と対戦。牧田は9回まで1失点の好投を見せたが、打線の援護がなく、タイブレークに。最後はサヨナラ打を浴び、敗戦投手となったが、都市対抗の投球でスカウトの評価を大きく高めた。

 牧田は右アンダースローから伸びのある130キロ台のストレートで打者を圧倒する投球が武器であった。ストレートで押して空振りを奪いながら、スライダー、シュート、シンカーでタイミングをずらし、凡打を稼ぐ投球術も冴え渡っていた。他のドラフト候補にはない武器を持ったこの男が何処までプロで活躍出来るか大いに興味があった。

 この時、すでに26歳だった牧田を、埼玉西武ライオンズが2位指名。西武は牧田の投球術を即戦力級として高く評価し、他球団に取られる前にいち早く上位指名に切り替えたのだろう。当時、6球団競合の末、獲得に成功した大石達也に続いての指名であった。牧田は1年目から先発ローテーション入り。完封勝利を上げるなど順調なスタートを切っていたが、チーム事情からクローザーに転向。1年目で22セーブを上げ、CS進出に貢献し、新人王を獲得。2年目は先発に転向し、13勝。そして今年はWBC代表に選ばれ、クローザー役を務め、右肩上がりの野球人生を歩んでいる。数少ない右のサブマリン。球界を代表する右のアンダースロー投手として、一流投手の道をひたすら進んでいくことを期待したい。


【次のページ】 プロで活躍する社会人野球戦士たち(前編)(3)