第4回 第84回都市対抗野球大会 出場チーム紹介 ヤマハ(浜松市)2013年07月07日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第84回都市対抗野球大会


■キャプテンに質問!
石野雅之(イシノ マサユキ)主将/内野手(ファースト)入社年:2008年

Q. チームのスローガンを教えてください。

  Next One ~進化、そして真価~

Q. 今年のチームのウリは?

 若手からベテランまで非常にバランスのとれたチームで、しつこく粘り強く戦える全員野球!!

Q. 今年のキャンプから課題、テーマにしてきたこと

 昨年は守備のミスで負けた試合が多く、その反省からキャンプでは守備練習に多く時間を費やしてきました。その他にも、全力疾走やカバーリングなど、ちょっとしたミスから試合の流れが変わる事を意識しながら、当たり前の事をしっかりできる隙のない野球を心がけて取り組んできました。

Q. この都市対抗野球大会のキーマンになるかもしれない選手を紹介!

投手:渡邉 裕文 (ワタナベ ヒロフミ)
9年目のベテラン投手がエース不在の中、予選では中継ぎとしてフル回転してくれました。渡邉さんの存在が若い投手陣、そしてチームとしても非常に大きかったと思います。本大会でも投手陣の精神的柱になると思います。
野手:長谷川 祐一 (ハセガワ ユウイチ)
予選では全試合で安打を放ち、打線を引っ張ってくれました。打撃だけではなく、守備面でもチームを救ってくれました。本大会でもチームの中心選手として活躍してくれると思います。

Q. 今回の予選で、最も記憶に残っているゲームは?

代表を決めた東海理化戦(第5代表決定戦)!
若手、ベテランの活躍で今年の予選が全て詰まった良いゲームができました。やはり皆で喜び合う瞬間は最高です。 

Q. 最後にこの都市対抗野球大会への意気込みを教えてください。

目標はもちろん日本一ですが、昨年の初戦敗退の悔しさを晴らす為にもまずは初戦を死に物狂いで勝ち、90年以来遠ざかっている日本一に向けて全力で頑張って生きたいと思います。


■右島学監督にお答えいただきました!

Q. 今年のチームの強み、そして都市対抗野球大会に向けての意気込みを教えてください。

投手陣の層の厚さを活かしたハイレベルな継投と打者の夫々の特長を活かしたバリエーション豊富な切れ目のない打線等、選手夫々の特長を幅広く機能させたチーム総合力が強みです。
また、厳しい東海地区予選を勝ち抜いた経験等により、チーム方針である「全員野球と粘り」が浸透し具現化されていく過程で、攻守におけるチーム全体の集中力と粘り強さが向上してチーム力アップになっています。

このページのトップへ


【関連記事】
JR九州vsヤマハ【第87回都市対抗野球大会】
ヤマハvsJFE東日本【第87回都市対抗野球大会】
ヤマハvs七十七銀行【第40回社会人野球日本選手権】
新日鐵住金かずさマジックvsヤマハ【第39回社会人野球日本選手権】
東芝vsヤマハ【第84回都市対抗野球大会】
第15回 ヤマハ 長谷川 雄一選手 【2012年インタビュー】

コラム