第6回 第84回都市対抗野球大会 出場チーム紹介 パナソニック(門真市)2013年07月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第84回都市対抗野球大会 出場チーム紹介




渡辺正健 監督

パナソニック 久保恭久 監督

■松元副主将に質問!
松元裕章 副主将 入社年:2008年

Q. チームのスローガンを教えてください。

黒獅子旗への挑戦
~頂点にふさわしい集団~

Q. 今年のチームのウリは?

・秋吉、田中篤を中心にした守りが基本のチームですが、田中宗、梶原、森のクリーンアップの破壊力にも注目して欲しいです。

渡辺正健 監督

パナソニック 松元裕章 副主将

Q. 今年のキャンプから課題、テーマにしてきたこと

・技術よりも意識を高めることを常に考えてきました。

Q. この都市対抗野球大会のキーマンになるかもしれない選手を紹介!

投手:秋吉 亮
予選4試合全てに登板し3勝をあげました。
田中 篤史
代表決定戦の最後を締める活躍を見せました。
野手:梶原 康司森 志朗・田中 宗一郎梶原は、予選で4割以上の打率を残す主将として、3割以上の打率を残し牽引。予選中は結果がでなかったが、ここにきて調子を上げてきました。

Q. 今回の予選で、最も記憶に残っているゲームは?

・負けた試合でしたが、初戦の「ニチダイ」戦
・3対4で負けていた9回裏二死から、代打・柳田がタイムリーを放ち同点に追いつきました!。
・最終的には敗れたが、あそこで粘れたことが代表権獲得に繋がったと思います。 

Q. 最後にこの都市対抗野球大会への意気込みを教えてください。

 ・今年はチームスローガンに『黒獅子旗への挑戦』を掲げ取り組んできました。
・優勝することはもちろんですが、Panasonicの元気な姿を、野球を通じて社内外に発信していきたいです。
・球場に足を運んでいただいた従業員の皆様や、ファンの皆様に感動を届け、勝利の喜びを共有したいと思います! 



■光元一洋マネージャーにお答えいただきました!

Q. 今年のチームの強み、そして都市対抗野球大会に向けての意気込みを教えてください。

目標はもちろん「優勝」。その中で、野球をやらせていただける感謝の気持ちを、プレーを通じて表現し、観ていただいている方に、感じてもらえるような戦いをしていきたいです。補強選手3名を合わせた選手32名が一丸となり、一戦必勝の気持ちで臨みます。

このページのトップへ


【関連記事】
第27回 パナソニック 近藤 大亮投手 【後編】様々な方々から得た「恩」に応えるために 【2015年インタビュー】
第26回 パナソニック 近藤 大亮投手 【前編】「野球にかかわる」から「プロ野球選手を目指す」への道程 【2015年インタビュー】
トヨタ自動車vsパナソニック【第40回社会人野球日本選手権】
パナソニックvsJFE西日本【第40回社会人野球日本選手権】
第9回 【山本隆之さん】第32回大会(2005年)「一社会人の投手のポジションを確立できた大会」【日本選手権 特別企画 『思い出のベストゲーム』】
東京ガスvsパナソニック【第39回社会人野球日本選手権】
新日鐵住金かずさマジックvsパナソニック【第84回都市対抗野球大会】
JX-ENEOS(横浜市) vs パナソニック(門真市)【第83回都市対抗野球大会】
梶原康司選手(パナソニック)

コラム