第2回 大会3日目にドラフト1位候補2人が登場!セガサミー・浦野博司&JR東日本・吉田一将2013年07月15日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]セガサミー・浦野博司 直球を封印し、徹底した変化球攻めを敢行!
[2]JR東日本・吉田一将 即戦力として圧倒的ナンバーワンのピッチング


プロ野球ドラフト会議2013特設サイト

JR東日本・吉田一将 即戦力として圧倒的ナンバーワンのピッチング

吉田一将投手(JR東日本)

 高木に求めた理想的なピッチングを現実に見せてくれたのが第3試合に登場したJR東日本の先発、吉田一将(24歳・右投左打・191/90)だ。世間の注目は桐光学園の左腕、松井 裕樹に集まっているが、この投手を見ないで大騒ぎするのはよしてくれ、と言いたくなるほど抜群のピッチングを披露した。何がいいと言って、これほど難がなく美しいフォームで投げる投手は稀である。そして、美しいフォームとはこれほど打者を圧倒する武器になるのかと、改めて思い知らされた。
 4回に王子の3番に内野安打を許したが、これがなければノーヒットノーランか完全試合はできたのではないかと思われるほど完璧なピッチングだった。ストレートは143キロが最速で大したことはないが、これが左右打者にかかわらず外角低めにピタリと決まる。そして外角低めのストライクゾーンとボールゾーンの間でボールを出し入れし、時折胸元をストレートでえぐって踏み込もうとする体を起こし、今度はスライダーをボールゾーンに逃がして空振りを誘う、あるいは外角低めいっぱいにストレートを投げ込んで立ち往生させるというシーンを何度も見た。

 8回3分の2を投げて許した安打はわずかに2本、奪った三振は11個。11三振のうちスライダーの空振りが4個、ストレートの見逃しが3個と大半を占めた。持ち球にはチェンジアップとツーシームもあるようだが、ストレートとスライダーがあれば十分ではないかと思わされた。少ない球種でも四隅を使えるのでバリエーションが豊富で物足りなさはまったく感じない。即戦力ではこの吉田が圧倒的ナンバーワンと言っていいと思う。いいピッチングを見せてもらった。

(文=小関 順二

吉田一将投手のインタビュー記事はこちらから!

都市対抗特設応援サイト 更新中!


このページのトップへ



【関連記事】
NTT東日本vs四国銀行【第87回都市対抗野球大会】
王子vsJR東日本【第87回都市対抗野球大会】
NTT東日本vs日本通運【第41回社会人野球日本選手権】
セガサミーvsフェデックス【第41回社会人野球日本選手権】
第28回 JR東日本 東條 大樹投手 「中継ぎのスペシャリストを目指して」 【2015年インタビュー】
第25回 セガサミー 横田 哲投手 【後編】 【2014年インタビュー】
第24回 セガサミー 横田 哲投手 【前編】 【2014年インタビュー】
第23回 JR東日本 関谷 亮太投手 【2014年インタビュー】
トヨタ自動車vsセガサミー【第40回社会人野球日本選手権】
第2回 第84回都市対抗野球大会 総集編MOVIE (決勝編)【ドキュメンタリーMOVIE】
第7回 【坂田精二郎さん】元シダックス・坂田氏が振り返る2つのベストゲームとは?【日本選手権 特別企画 『思い出のベストゲーム』】
第23回 第84回都市対抗野球大会 出場チーム紹介 NTT東日本(東京都) 【第84回都市対抗野球大会 チーム紹介】
第15回 第84回都市対抗野球大会 出場チーム紹介 JR東日本(東京都)【第84回都市対抗野球大会 チーム紹介】
第11回 第84回都市対抗野球大会 出場チーム紹介 セガサミー(東京都)【第84回都市対抗野球大会 チーム紹介】
第18回 JR東日本 田中広輔選手 【2013年インタビュー】
高木 伴(市立川口) 【選手名鑑】