2011年度版 社会人生ドラフト特集

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第1回 2011年度版 社会人ドラフト特集2011年10月26日

中・下位候補

森内壽春(JR東日本東北)

中・下位候補選手新垣勇人(東芝)右右
森内壽春(JR東日本東北)右右
山中浩史(Honda熊本)右右
大城基志(JX―ENEOS)左左
海田智之(日本生命)左左
小石博孝(NTT東日本)左左
末永彰吾(NTT東日本)右右
フェリペ・ナテル(ヤマハ)右右
高木 勇人三菱重工名古屋)右右
守安玲緒(三菱重工神戸・高砂)右右
沖山勇介(日本製紙石巻)右右
祖父江大輔(トヨタ自動車)右左
武藤好貴(JR北海道)右右
小島修平(新日鐵住金鹿島)右左
梅津正隆(NTT西日本)右右
亀谷信吾(トヨタ自動車)右左
山田晃典(三菱重工名古屋)右左
比屋根渉(日本製紙石巻)右右

2年目からドラフト候補として注目を浴びてきた新垣勇人(東芝)。真っ向から振り下す最速149キロのストレートと落差が大きいフォークのコンビネーションで三振の山を築く投手だった。しかし、今年は不調のため、監督の勧めで今までより少し腕の位置を下げたテークバックを小さいフォームに変更。そのことでボールを離すことに成功し、同じ140キロ台でも空振りが奪えるストレートになり、実戦力が向上した。開幕戦で完封し、指名が意識できるものになった。今年で、社会人4年目を迎えるが、本人がプロに行く気があるのならば、会社は送り出すべきだろう。

最近、プロで活躍する社会人出身の投手は26歳~27歳が多い。埼玉西武ライオンズの牧田和久は大卒4年目、福岡ソフトバンクホークスの攝津正は高卒8年目、東京ヤクルトスワローズの七條祐樹は高卒8年目でプロ入りしている。24~25歳の間が、ドラフト適齢期といわれ、その年を過ぎると指名される確率が低くなる。プロ入りする実力があっても、将来的なことを考え、社会人で留まる選手も多く、球団も本人がその気でなければ指名しないことが多い。

ただ、野球選手にとって26歳~29歳は最も脂が乗る時期で、精神的にも、技術的にも成熟し、安定して結果を残せる時期に入っていく。それはプロでも、アマチュアでも関係ない。

一つ言えることは、技術的な意識が低い選手は、その年になっても開花する可能性は限りなく低い。冒頭で紹介した3人と共通することは、技術的な意識が高く、安定して結果を出せる投手であったことだ。そういうことを踏まえ、今年の選手に目を向けると新垣勇人(東芝)、森内壽春(JR東日本東北)、山中浩史(Honda熊本)がいる。
ただ、今年はドラフト解禁年になった候補生の人材が乏しく、年齢の幅を広げていかなければ即戦力に相応しい選手は確保できない年でもある。

54年ぶり2人目の完全試合を達成した森内壽春(JR東日本東北)。その投球内容は見事であった。社会人野球の先輩である攝津正のようなテークバックで出所は見難い。球持ちは良く、140キロ前後のストレートでも空振りを奪うことができる。スライダー、チェンジアップ、ツーシームをテンポ良く投げ分ける投球スタイルで、社会人での4年間という経験が裏打ちされたマウンド捌きは、プロでも活きるはず。中継ぎとして獲得したい投手だ。

右下手投げの山中浩史(Honda熊本)は、130キロ前後ながらストレートには伸びがあり、シンカー、スライダーを淡々と投げ分ける緩急自在の投球で打者を手玉に取る。都市対抗で最高の投球を見せることができれば、牧田和久の活躍により下手投げの需要も考えられることから、指名の可能性も高くなるだろう。


【次のページ】 2011年度版 社会人ドラフト特集(3)


【関連記事】
第7回 ドラフト特集2015 「ドラフト解禁組とドラフト残留組の有力候補をピックアップ!!」【社会人ドラフト特集】
第6回 社会人野球ドラフト特集2014 「今年の社会人投手は人気市場!?」【社会人ドラフト特集】
侍ジャパン社会人野球日本代表vs横浜DeNA(ファーム)【侍ジャパン強化試合】
第2回 プロで活躍する社会人野球戦士たち(後編)【プロで活躍する社会人野球戦士たち】
第6回 アトランタ'96 五輪メンバーたちの座談会 〜番外編〜 『知られざる社会人野球今昔物語』【社会人野球座談会】
第5回 アトランタ'96 五輪メンバーたちの座談会 〜第二夜〜 『決勝・キューバ戦の秘話』【社会人野球座談会】

コメントを投稿する