第2回 ドラフト2011 各球団の指名を振り返る2011年10月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

藤岡貴裕(東洋大)

待ちに待った2011年ドラフト会議。

まずは大学BIG3の中でも一番の人気投手であった東洋大の藤岡 貴裕。ロッテ、横浜、楽天の3球団が入札。抽選の末、ロッテが交渉権を引き当てた。左腕不足に悩んでいたロッテにとってはエース候補の藤岡 貴裕の指名は大収穫であった。
2位には近大の中後悠平、3位に大学生ショートの鈴木 大地(東洋大)、4位に益田直也(関西国際大)を指名。最下位脱出を図るロッテは完全に即戦力型のドラフトになり、無駄をそいだ少数精鋭のドラフト。補強ポイントに則った指名であり、高い評価が出来るドラフトだ。

そして東海大の菅野 智之。巨人の単独指名という雰囲気があったが、日本ハムが参戦。
競合の末、日本ハムが交渉権を獲得し、日本中の野球ファンを驚かした。ダルビッシュ有、中田翔、斎藤佑樹と世代を代表するスター選手が集まる日本ハム。原監督の甥であり、大学球界No.1右腕とスター性No.1の菅野の交渉権を手にしたのも何かの縁かもしれない。入団するか、否かは本人の決断を待つ。自分の人生だから、自分の納得いく選択をすればいい。2位に高校生屈指のショート松本 剛帝京)、身体能力抜群の外野手・石川 慎吾東大阪大柏原)、完全試合を達成した森内壽春(JR東日本東北)、本格派右腕・上沢 直之 専大松戸)を指名。菅野の入団が確定すれば、バランスの取れた大きい指名だ。早稲田大ソフトボール部に所属する佐々木匠を指名。今年のドラフトの話題は日本ハムがかっさらった。

そして広島は野村 祐輔(明治大)を単独指名。スカウト部長の苑田氏は常に明大の試合に視察するほど。スカウト部長が惚れた地元の即戦力候補の投手を指名出来たのは大きかったであろう。2位では抜群の守備範囲と強肩を誇るショートストップ・菊池涼介(中京学院大中京)をドラフト指名した。ドラフト3位に素材なら全国クラスのサウスポー戸田 隆矢樟南)、4位に早大のアベレージヒッター土生 翔平を指名して、本指名を選択終了した。

このページのトップへ


【次のページ】 ドラフト2011 各球団の指名を振り返る(3)


【関連記事】
第7回 ドラフト特集2015 「ドラフト解禁組とドラフト残留組の有力候補をピックアップ!!」【社会人ドラフト特集】
第6回 社会人野球ドラフト特集2014 「今年の社会人投手は人気市場!?」【社会人ドラフト特集】
第5回 先取り!2013年ドラフト候補特集(社会人編)【社会人ドラフト特集】
第4回 直前!2012年ドラフト候補特集(社会人編)【社会人ドラフト特集】
第3回 先取り!2012年ドラフト候補特集(大学生、社会人編)【社会人ドラフト特集】
石川 慎吾(東大阪大柏原) 【選手名鑑】
伊藤 拓郎(帝京) 【選手名鑑】
釜元 豪(西陵) 【選手名鑑】
北方 悠誠(唐津商) 【選手名鑑】
北川 倫太郎(明徳義塾) 【選手名鑑】
歳内 宏明(聖光学院) 【選手名鑑】
田中 優貴(丹生) 【選手名鑑】
戸田 隆矢(樟南) 【選手名鑑】
西川 健太郎(星稜) 【選手名鑑】
笛田 怜平(鹿児島南) 【選手名鑑】
松田 遼馬(波佐見) 【選手名鑑】
水原 浩登(関西) 【選手名鑑】
山崎 正衛(近大高専) 【選手名鑑】
渡辺 雄貴(関西) 【選手名鑑】

コメントを投稿する