第2回 ドラフト2011 各球団の指名を振り返る2011年10月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

田代将太郎(八戸大)

埼玉西武は単独で社会人№1サイドハンド・十亀剣(JR東日本)を指名。2位に実戦派左腕・小石博孝(NTT東日本)を指名。3位に捕手の駒月 仁人塔南)、4位に永江 恭平海星)、5位に田代将太郎(八戸大)と野手は例年通り実戦力よりもポテンシャルを重視した指名。西武では初の育成枠指名で松本大の藤沢亨明を指名。少人数ながら西武らしい指名で選択を終了した。

東北楽天は藤岡を逃し、1位に武藤好貴(JR北海道)を指名。今年は会社の不祥事もあり、都市対抗予選を辞退し、公式戦登板は僅かに1試合。その1試合で7回参考ながらノーヒットノーランを成し遂げる内容だった。また、2位に高校生№1右腕・釜田 佳直金沢)を指名出来たのは大きいだろう。

3位以降は打撃センスの高い三好 匠九州国際大付)、打撃型の捕手・岡島豪郎(白鴎大)、打撃センスの高い島内宏明(星稜)、高校生屈指のスラッガー北川 倫太郎明徳義塾)を指名し、打撃力重視の指名となった。ただ投手10人に戦力外通告を送り、投手中心のドラフトになると予想していたが、投手2人というのは驚きであった。

今年のドラフトは全体的に会心の指名をした球団は少なく、どこか中途半端な印象が否めなかった。チーム事情・補強ポイントがはっきりしているのに、そのポイントに沿った指名しない球団もあり、何か物足りなさを感じた。ただスカウトが長い間かけて見込んで獲った選手であるので、大成することを望みたい。

このページのトップへ

(文=編集部河嶋 宗一


【関連記事】
第7回 ドラフト特集2015 「ドラフト解禁組とドラフト残留組の有力候補をピックアップ!!」【社会人ドラフト特集】
第6回 社会人野球ドラフト特集2014 「今年の社会人投手は人気市場!?」【社会人ドラフト特集】
第5回 先取り!2013年ドラフト候補特集(社会人編)【社会人ドラフト特集】
第4回 直前!2012年ドラフト候補特集(社会人編)【社会人ドラフト特集】
第3回 先取り!2012年ドラフト候補特集(大学生、社会人編)【社会人ドラフト特集】
石川 慎吾(東大阪大柏原) 【選手名鑑】
伊藤 拓郎(帝京) 【選手名鑑】
釜元 豪(西陵) 【選手名鑑】
北方 悠誠(唐津商) 【選手名鑑】
北川 倫太郎(明徳義塾) 【選手名鑑】
歳内 宏明(聖光学院) 【選手名鑑】
田中 優貴(丹生) 【選手名鑑】
戸田 隆矢(樟南) 【選手名鑑】
西川 健太郎(星稜) 【選手名鑑】
笛田 怜平(鹿児島南) 【選手名鑑】
松田 遼馬(波佐見) 【選手名鑑】
水原 浩登(関西) 【選手名鑑】
山崎 正衛(近大高専) 【選手名鑑】
渡辺 雄貴(関西) 【選手名鑑】

コメントを投稿する