第3回 先取り!2012年ドラフト候補特集(大学生、社会人編)2011年11月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 東京六大学のサウスポーでは小室 正人(立教大学)が筆頭に挙がる。2年秋から先発に定着し、リーグ3位の防御率1.40を残す。ここまで通算成績は11勝4敗だが、防御率1.69と抜群の安定感を誇る。球速は140キロ前後だが、多彩な変化球を投げ分け、緻密な投球術で相手に抑える技量は大学生屈指だ。最速155キロ右腕・三嶋 一輝(法政大)、北海時代からドラフト候補として注目されてきた鍵谷 陽平(中央大)、右サイドから最速150キロの速球を投じる藤田純基(東洋大)、東洋大姫路時代からドラフト候補として注目された佐藤 翔太(東洋大)、大阪桐蔭の優勝投手となった福島 由登も最終学年を迎えた。常時140キロ台にキレ味抜群のスライダーは健在。

 松村 直弥(国士舘大)は145キロ前後の直球と鋭く落ちるスライダーを武器に勝負する右腕。小川 泰弘(創価大)は、リーグ戦で防御率0.16と信じられない数字を残し、横浜市長杯でも3試合に投げて神宮代表決定戦出場に貢献した。

 小柄な投手だが、140キロ台のストレートを軸に鋭いスライダー、フォークなどの変化球を操り、丹念に低めをついて無失点を重ねる武田久(北海道日本ハムファイターズ)タイプだろう。さらに彼のノーランライアンを彷彿させるかのような投球フォームにも注目してほしい。

 速球派右腕の佐藤峻一(道都大)、147キロ右腕の陶久亮太(東農大生産学部)、最速150キロのスピードを誇る吉田友大(青森大)、同じく154キロを誇る右腕・則本昂大(三重中京大)、四国地区を代表する本格派右腕・竹田隼人(四国学院大)、愛知二部に潜む好左腕・西光大(日本福祉大)、145キロ右腕の下平裕一郎(九州産業大)、今春の大学選手権でノーヒットノーランを達成した久保田高弘(近大工学部)にも注目しておきたい。

このページのトップへ


【次のページ】 先取り!2012年ドラフト候補特集(大学生、社会人編)(4)


【関連記事】
第7回 ドラフト特集2015 「ドラフト解禁組とドラフト残留組の有力候補をピックアップ!!」【社会人ドラフト特集】
第6回 社会人野球ドラフト特集2014 「今年の社会人投手は人気市場!?」【社会人ドラフト特集】
第5回 先取り!2013年ドラフト候補特集(社会人編)【社会人ドラフト特集】
第4回 直前!2012年ドラフト候補特集(社会人編)【社会人ドラフト特集】
第2回 ドラフト2011 各球団の指名を振り返る【社会人ドラフト特集】

コメントを投稿する