第3回 先取り!2012年ドラフト候補特集(大学生、社会人編)2011年11月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

社会人編:高いポテンシャルを秘めた残留組

 社会人では、都市対抗の初戦で完封勝利を挙げた中村 駿介日本新薬)、主力投手として都市対抗出場を導いた阿部博文(七十七銀行)、中央大時代に巨人の澤村拓一と同期だった山崎雄飛(東京ガス)、150キロ右腕・増田達至(NTT西日本)、145キロ左腕・大山暁史(セガサミー)、146キロ左腕・安井 亮輔三菱重工神戸・高砂)にも注目していきたい。

 残留組では、150キロ右腕・沖山勇介(日本製紙石巻)、左腕の櫻田裕太郎(Honda)、速球派右腕の末永彰吾(NTT東日本)、140キロ前後のストレートと縦に大きく割れるカーブが武器の大城基志(JX-ENEOS)、力強い速球とフォークが売りの磯部 泰JX-ENEOS)、甲子園準優勝を経験している大塚 椋司JX-ENEOS)も復調すれば一気に指名候補に名乗り上がるだろう。いずれにせよ、高いポテンシャルを持つだけに残留組の活躍にも期待したい。

 野手は多木裕史(法政大)が挙がるだろう。1年春から卓越したバットコントロールを披露し、3年秋を終えて通算84安打。東京六大学の野手の中で最も100安打に近い男であろう。来年は、ショートストップとして大学野球ナンバーワンショートとして相応しい活躍を見せることを期待している。

 杉山 翔大(早稲田大)も是非注目したい野手である。高校時代は、捕手であったが、大学入学後に内野手に転向。多木と比べると実績面でこそ劣るが、3年秋は打率.386を残し、三塁手としてベストナインに輝いている。この世代の大学生野手で、最もプロレベルのスピード、パワー、体の強さを持っており、即戦力云々ではなく、プロの指導で仕込ませたいものがある。

このページのトップへ


【次のページ】 先取り!2012年ドラフト候補特集(大学生、社会人編)(5)


【関連記事】
第7回 ドラフト特集2015 「ドラフト解禁組とドラフト残留組の有力候補をピックアップ!!」【社会人ドラフト特集】
第6回 社会人野球ドラフト特集2014 「今年の社会人投手は人気市場!?」【社会人ドラフト特集】
第5回 先取り!2013年ドラフト候補特集(社会人編)【社会人ドラフト特集】
第4回 直前!2012年ドラフト候補特集(社会人編)【社会人ドラフト特集】
第2回 ドラフト2011 各球団の指名を振り返る【社会人ドラフト特集】

コメントを投稿する