第5回 先取り!2013年ドラフト候補特集(社会人編)2012年11月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロ野球ドラフト会議2013特設サイト

【目次】
[1] 即戦力候補の社会人選手は??? / 解禁組は上位候補の投手がズラリ!
[2] 野手は田中広輔、石岡諒太のJR東日本コンビが筆頭!

【関連記事】
先取り!2013年ドラフト候補特集(大学生編)(ベースボールドットコム)
先取り!2013年ドラフト候補特集(高校生編)(高校野球ドットコム)

野手は田中広輔、石岡諒太のJR東日本コンビが筆頭!

田中広輔(JR東日本)

 野手ではJR東日本の2人に注目。ショートストップ・田中 広輔、俊足巧打の大型外野手・石岡諒太独占インタビュー)だ。

 田中は東海大相模時代からドラフト候補として注目され、東海大を経て、1年目からレギュラーとして活躍。都市対抗では打率.を残し、新人賞を獲得。日本選手権でも本塁打、二塁打、三塁打と大活躍を見せ、評価を高めている。
 石岡は1年目に若獅子賞を獲得した大型外野手。高校時代は一塁手だったが、入社してからは足と肩を買われ、外野手に転向。広い守備範囲と強肩で鉄壁の守備を誇り、打っては広角に打ち分ける打撃で、左中間、右中間に打ち分け、変化球に食らいつくしぶとさも魅力的だ。

 捕手では野村 祐輔(広島:独占インタビュー)とバッテリーを組んだ2人がドラフト候補になる。明治大時代に組んだ川辺健二ヤマハ)、広陵高時代に組んだ小林誠司(日本生命[/team:独占インタビュー])。

 川辺はパンチ力のある打撃、1.9秒台をマークする強肩が光る好捕手。小林は長打力こそないが、ミートが上手い好打者で、捕手としてはルーキー吉原の持ち味を発揮し、2試合連続完封に貢献したインサイドワークの巧さに定評がある。来年はドラフト指名を現実的にさせるためにも大きくアピールしていきたい。

 内野手では井上 晴哉([team]日本生命)に注目だ。中央大時代からスラッガーとして注目され、手がつけられないぐらいの豪打を披露する。ただネックは、ポジションが一塁ということ。一塁手はどうしても外国人獲得が優先されやすいポジションなので、それに負けないぐらいの豪打を披露することが最低条件となる。高卒6年目を迎える吉田 潤東芝)は1年ごとに着実に成長を見せてきた。この1年はドラフト指名を得るためにも大事な一年になる。

 外野手では今年のドラフトでは指名漏れしたが、来年はまた候補となる選手が多い。長打力ならば社会人屈指の松島圭祐伯和ビクトリーズ)、強肩強打の外野手・真弓竜一王子)、実戦型外野手・長谷川雄一ヤマハ独占インタビュー)、都市対抗で優勝したJX-ENEOSから井領 雅貴田畑秀也桐蔭学園コンビ。この5人がドラフト候補として名が挙がる。

(文=河嶋 宗一

このページのトップへ


【関連記事】
第7回 ドラフト特集2015 「ドラフト解禁組とドラフト残留組の有力候補をピックアップ!!」【社会人ドラフト特集】
第6回 社会人野球ドラフト特集2014 「今年の社会人投手は人気市場!?」【社会人ドラフト特集】
第4回 直前!2012年ドラフト候補特集(社会人編)【社会人ドラフト特集】
第3回 先取り!2012年ドラフト候補特集(大学生、社会人編)【社会人ドラフト特集】
第2回 ドラフト2011 各球団の指名を振り返る【社会人ドラフト特集】

コメントを投稿する