第7回 ドラフト特集2015 「ドラフト解禁組とドラフト残留組の有力候補をピックアップ!!」2014年12月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 社会人野球でドラフト候補にあがる選手は、大卒2年目、高卒3年目が対象になるドラフト解禁組と、ドラフト残留組の2つに分かれる。ドラフト残留組というのは、ドラフト対象選手だったが、力が足りず指名漏れしたか、指名されるほどの実力はあるものの、会社からの引き留め、または自ら残留を決めた選手が対象になる。

 この2グループから来年のドラフト候補を見出していきたい。
社会人はやはり投手が人気市場になる。これまでのプロ野球を見れば分かるように、パ・リーグでは東京ガス出身の石川 歩(千葉ロッテ)が新人王を獲得したのをはじめ、1年目から活躍する投手が多く、来年も楽しみな人材が多い。

【目次】
[1] ドラフト解禁組の投手では関谷亮太、横田哲、猿川拓朗が中心!
[2] 東谷、小野、石橋など速球派右腕が多いドラフト解禁組
[3] 野手は即戦力として活躍出来ることをアピールできるか?

ドラフト解禁組の投手では関谷亮太、横田哲、猿川拓朗が中心!

関谷亮太(JR東日本)

 まずドラフト解禁組になると、投手ならば関谷 亮太JR東日本2014年インタビュー、横田 哲(セガサミー(2014年インタビュー【前編】【後編】)猿川 哲朗日立製作所)の3人が中心になるだろう。

 関谷は大学時代からドラフト候補として評判だったが、プロ入りせずに社会人へ。社会人入りしてからはさらに投球術に磨きをかけている。140キロ~145キロ前後の角度ある直球と、鋭く落ちるチェンジアップの2つの球種を軸に投球を組み立てる好投手だ。

 特にチェンジアップはかなりの威力を発揮しており、侍ジャパン社会人代表として参加した横浜DeNA二軍、千葉ロッテ二軍との交流戦では、チェンジアップで次々と空振りを奪っていた。あとはシーズン通して、全国舞台で結果を残すことが出来るか。

 横田は大学時代、全日本大学選手権優勝を経験し、そして日本選手権決勝へ導く快投を見せるなど、アマチュア界屈指の技巧派左腕。スピードは135キロ前後だが、多彩な変化球で翻弄する。プロ、アマ問わず、制球力、変化球の精度が高く、投球術の上手い左腕投手の需要はいつでも高い。来年は年間通して結果を残していきたい。

 猿川は富士重工業の補強選手として都市対抗に出場し、準優勝に貢献。最速148キロのストレート、キレのあるスライダー、カットボール、フォークを駆使して抑える本格派右腕で、即戦力として期待がかかる。来年は都市対抗出場に導くことが出来るか。即戦力投手として評価されるような投球を見せていきたい。

このページのトップへ


【次のページ】 ドラフト特集2015 「ドラフト解禁組とドラフト残留組の有力候補をピックアップ!!」(2)


【関連記事】
第8回 【2015年 社会人編】来年の即戦力候補に挙がる投手、野手を紹介!【社会人ドラフト特集】
第25回 セガサミー 横田 哲投手 【後編】 【2014年インタビュー】
第24回 セガサミー 横田 哲投手 【前編】 【2014年インタビュー】
第23回 JR東日本 関谷 亮太投手 【2014年インタビュー】
第6回 社会人野球ドラフト特集2014 「今年の社会人投手は人気市場!?」【社会人ドラフト特集】
侍ジャパン社会人代表vsJFE東日本【侍ジャパン強化試合】
侍ジャパン社会人代表vs千葉ロッテ(ファーム)【侍ジャパン強化試合】
侍ジャパン社会人野球日本代表vs横浜DeNA(ファーム)【侍ジャパン強化試合】
第4回 JR九州・加治屋蓮、今村幸志郎、大阪ガスには小畑彰宏、4番の茂山周平にも注目!【ストップウォッチャー小関順二のドラフト候補 分析レポート】
第5回 先取り!2013年ドラフト候補特集(社会人編)【社会人ドラフト特集】
第4回 直前!2012年ドラフト候補特集(社会人編)【社会人ドラフト特集】
石橋 良太(明徳義塾) 【選手名鑑】
伊藤 匠(明豊) 【選手名鑑】
小畑 彰宏(鳥取西) 【選手名鑑】
加藤 貴之(拓大紅陵) 【選手名鑑】
河合 完治(中京大中京) 【選手名鑑】
菊地 翔太(一関学院) 【選手名鑑】
菊地 翔太(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
木下 拓哉(高知) 【選手名鑑】
猿川 哲朗(花巻東) 【選手名鑑】
関谷 亮太(日大三) 【選手名鑑】

コメントを投稿する