第7回 ドラフト特集2015 「ドラフト解禁組とドラフト残留組の有力候補をピックアップ!!」2014年12月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] ドラフト解禁組の投手では関谷亮太、横田哲、猿川拓朗が中心!
[2] 東谷、小野、石橋など速球派右腕が多いドラフト解禁組
[3] 野手は即戦力として活躍出来ることをアピールできるか?

野手は即戦力として活躍出来ることをアピールできるか?

河合完治(トヨタ自動車)

 一方、投手に比べると野手の候補は少なくなる。これは同世代のNPBの野手と天秤をかけられているからだと考えられる。

 社会人野球で見ればレベルが高い選手だが、プロの環境で混ぜた時に即戦力で活躍出来る人材なのか?と判断するのだろう。今年のドラフトで指名された社会人野手は僅か6名。指名したのは2球団だけで、年々シビアになっていくと考えられる。

 ただ、アピール次第では指名候補に挙がりそうな選手もいるので、ピックアップしてみた。

 法政大時代から指名候補に挙がっていた河合 完治トヨタ自動車)は、来年度はインパクトある活躍を見せたい。また優勝に貢献した強打の捕手・木下 拓哉トヨタ自動車)、西濃運輸都市対抗優勝に貢献し、社会人ベストナイン3次選考まで残った森 智仁も注目株だ。

 西濃運輸の選手では他に、都市対抗で若獅子賞と首位打者賞を獲得したベストナインを受賞した伊藤 匠も、来年のパフォーマンスが注目される。

 都市対抗で打率.357を記録し、打てる捕手としてアピールし、正確なスローイングが光る戸柱 恭孝(NTT西日本)も今年指名候補に挙がっていたが、指名漏れ。ベストナイン捕手部門を獲得したことを自信にして、来年は攻守全面でアピールしていきたい。

 社会人選手は1年目から即戦力として活躍できるかが評価のポイントになる。高校、大学と違い、社会人は年間通して公式戦、オープン戦がある。プロとの交流戦も多く、判断材料が多い。もちろん大舞台である都市対抗の活躍によっては評価が大きく上がるが、年間通して活躍出来る人材が出てくるのか、見極めていきたい。

このページのトップへ


【関連記事】
第8回 【2015年 社会人編】来年の即戦力候補に挙がる投手、野手を紹介!【社会人ドラフト特集】
第25回 セガサミー 横田 哲投手 【後編】 【2014年インタビュー】
第24回 セガサミー 横田 哲投手 【前編】 【2014年インタビュー】
第23回 JR東日本 関谷 亮太投手 【2014年インタビュー】
第6回 社会人野球ドラフト特集2014 「今年の社会人投手は人気市場!?」【社会人ドラフト特集】
侍ジャパン社会人代表vsJFE東日本【侍ジャパン強化試合】
侍ジャパン社会人代表vs千葉ロッテ(ファーム)【侍ジャパン強化試合】
侍ジャパン社会人野球日本代表vs横浜DeNA(ファーム)【侍ジャパン強化試合】
第4回 JR九州・加治屋蓮、今村幸志郎、大阪ガスには小畑彰宏、4番の茂山周平にも注目!【ストップウォッチャー小関順二のドラフト候補 分析レポート】
第5回 先取り!2013年ドラフト候補特集(社会人編)【社会人ドラフト特集】
第4回 直前!2012年ドラフト候補特集(社会人編)【社会人ドラフト特集】
石橋 良太(明徳義塾) 【選手名鑑】
伊藤 匠(明豊) 【選手名鑑】
小畑 彰宏(鳥取西) 【選手名鑑】
加藤 貴之(拓大紅陵) 【選手名鑑】
河合 完治(中京大中京) 【選手名鑑】
菊地 翔太(一関学院) 【選手名鑑】
菊地 翔太(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
木下 拓哉(高知) 【選手名鑑】
猿川 哲朗(花巻東) 【選手名鑑】
関谷 亮太(日大三) 【選手名鑑】

コメントを投稿する