第4回 滝谷 陣(日本新薬) 4年目の覚悟 【日本選手権大会コラム】2012年11月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

日本選手権、初戦で好投した滝谷陣投手(日本新薬)

 試合の行方は左腕に託されていた。
「まだ試合の流れがどちらにも行きそうな展開だったので、自分が打たせて取って、ウチの打線に流れが来るようなピッチングをしようとマウンドに上がりました」

 社会人日本野球選手権1回戦・JFE東日本戦でのことだった。
 2番手で6回からマウンドに上がった日本新薬・滝谷陣は、見事火消し役を見せたのである。
 4イニングを4安打4奪三振1失点。勝ち星こそつかなかったものの、追いつ追われつの展開から勝利を手繰り寄せる滝谷の好投だった。

「先発にいくつもりで調整はしていましたけど、榎田が先発って決まった時点で、中継ぎでの登板も準備ができていました。チェンジアップとスライダーを上手く使って打ち取れたと思います」
 そう語る滝谷の表情は満足感に満ちていた。とはいえ、滝谷にとって、この日のピッチングはようやく辿りついたベストピッチでもあった。

 智辯和歌山高を卒業後、近畿大でプレーしてきた滝谷。

 智辯和歌山高では野手として進学したつもりが、投手として高嶋仁監督から見い出されると、2年春・夏連続で甲子園に出場。下級生ということもあってエースナンバーではないながらも、主戦格として活躍した。

 近畿大では巽真吾(福岡ソフトバンク)、谷口 友基東邦ガス)とともに3枚看板を形成。
 3人のイニシャルの頭文字をとって、「3T(スリーティー)」などと呼ばれていたこともあった。3年秋には防御率トップの成績を残し、最優秀投手賞を獲得。神宮大会を経験し、大学日本代表候補にも選出された。

 いわば、学生時代の滝谷には、それなりの実績があった。
甲子園・神宮大会という大舞台での経験が彼の大きな財産だった。

 しかし…悔しそうに滝谷は振り返る。
「自分には高校と大学での経験があるので、このチームにも生かせると思っていました。でも、それが逆に気負いになってしまっていったんです。これまでは、大舞台ほど、力が発揮できませんでした。経験を見せやなアカンと思い過ぎていてたんです」

 確かに、これまでの滝谷は、学生時代の実績ほどの活躍がない。
 社会人に入社したころには「プロ野球選手」という夢もあったが、同僚の井藤孝平や中村駿介がドラフト候補と騒がれることはあっても、滝谷の名前が上がることはなかったのが現状だった。

 さらに、この秋には、滝谷にとって複雑なニュースが入ってきた。
大学の同級生で、NTT西日本に所属する安部建輝が横浜DeNAから指名されたのだ。


【次のページ】 滝谷 陣(日本新薬) 4年目の覚悟 【日本選手権大会コラム】(2)


【関連記事】
王子vs日本新薬【第86回都市対抗野球大会】
トヨタ自動車vs日本新薬【第40回社会人野球日本選手権】
富士重工業vs日本新薬【第85回都市対抗野球大会】
三菱重工広島vs日本新薬【第39回社会人野球日本選手権】
JR九州(北九州市)vs日本新薬(京都市)【第83回都市対抗野球大会】
滝谷 陣(智辯和歌山) 【選手名鑑】

コメントを投稿する