第1回 JABA東京スポニチ大会のみどころ、注目選手を一挙紹介!!2012年03月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

3月12日からJABA東京スポニチ大会が開幕する。日本のアマチュア野球で、最も早く行われる野球大会であり、待ち望んでいた社会人野球ファンは多いのではないだろうか。今回はブロック別に各チームの見どころ・注目選手を紹介していきたい。

【目次】
[1]Aブロックの見どころ・注目選手
[2]Bブロックの見どころ・注目選手
[3]Cブロックの見どころ・注目選手
[4]Dブロックの見どころ・注目選手

Aブロックの見どころ・注目選手

JR東日本・石川選手

"JR東日本・石川選手"

【Aブロック~JR東日本NTT西日本新日鐵住金かずさマジック新日鐵住金東海REX、都市対抗優勝のJR東日本に、前年の同大会で同時優勝のNTT西日本ひしめくブロック~】

Aブロックは昨年都市対抗優勝のJR東日本に注目だ。昨年の都市対抗で走攻守において安定感のある試合運びで、優勝を決めた。昨年は3人プロ入りを決めても、人材が豊富なチームであることは変わりない。ドラフト適齢期は過ぎたが、左腕エースの斎藤 貴史、鈴木 寛隆、片山 純一は健在で、若手は金 卓史、147キロ右腕・戸田 亮、阿知羅 拓馬が集う。さらに野手では橋戸賞を獲得した主砲・松本 晃を筆頭に、巧みなインサ

イドワークが光る石川 修平など経験豊富なレギュラーが揃い、若獅子賞を獲得した石岡諒太にも注目だ。攻守の総合力を考えて、Aブロックの一位候補筆頭ではないだろうか。

投手力ならばJR東日本にひけをとらないのがNTT西日本だ。安部 建輝、吉元 一彦の二枚看板に、2年目を迎える本格派右腕・増田 達至が今大会で一本立ち出来るか。ドラフト解禁を迎える投手だけに、注目度が高い。新人では野手では4番の高本 泰裕、俊足の吉岡 健太郎、いぶし銀・梅津 正隆といった曲者揃いの打者が揃う。

 かずさマジックは昨年、あと一歩で、都市対抗出場を逃した。かずさは若手投手陣が揃っている。投手陣の中心的存在である久保貴広、本多俊弘、伸び盛りの2年目の岡本 健、オープン戦で好投を続けている速球派右腕・平山 誠宏。才能優れた若手投手が多く、楽しみだが、彼らを正捕手・山縣 有輔が若手投手陣の持ち味を引き出し、勝利を演出出来るか。Aブロックでは投手力が高いチームが揃うので、打線の奮起にも期待したい。

 新日鐵住金東海REXは昨年の二次予選で、第6代表決定戦まで残りながらも、JR東海に6対0で負けて、あと一歩というところで都市対抗を逃した。今年は新人選手に大垣日大葛西 侑也、明治大学の森田 貴之といった有名選手も加入。都市対抗出場へ向け機運は高まっている。

このページのトップへ


【次のページ】 JABA東京スポニチ大会のみどころ、注目選手を一挙紹介!!(2)