第1回 JABA東京スポニチ大会のみどころ、注目選手を一挙紹介!!2012年03月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]Aブロックの見どころ・注目選手
[2]Bブロックの見どころ・注目選手
[3]Cブロックの見どころ・注目選手
[4]Dブロックの見どころ・注目選手

Bブロックの見どころ・注目選手

Bブロック~鷺宮製作所三菱日立パワーシステムズ横浜日本通運JR九州玄人好みのチームが集まったBブロックは均衡した戦いが期待出来そう~

守りを中心に野球を展開する鷺宮製作所は二年連続で補強選手として出場中の実績派右腕・小高 幸一、藤丸 翔、速球派右腕の高橋、左腕・高山亮太と投手は揃っている。ドラフト候補となる打者はいないが、緻密な野球をしっかりと叩き込まれた野手陣は、ブレが少なく、攻守に渡って安定したプレーを披露する。

三菱日立パワーシステムズ横浜はエースの亀川 裕之、右腕・瀧 優介の二枚看板。新人では横浜商大出身の福田 芳行、静清野村 亮介が加入。野村は高校時代から注目の本格派右腕だが、早くも有望株として期待されている。打線では主砲の佐々木 勉、田城 智博のベテラン、前後を打つ俊足巧打の松井 崇純、五十嵐 大典も曲者で、嫌らしい打線である。昨年は都市対抗1回戦敗退と目立った実績を残すことはできず、今年こそと燃えている。

日本通運はエースの古澤 翔、野村 健太、イーシャーラ、菅井 聡と実力派投手が揃う。新人に國學院出身の鷲尾 拓也も加入し、厚みが増した。打線では小甲 和俊、大槻 悦史、澤村 幸明のクリーンナップは強烈。後を打つ福田 清将、金子 隼人も息抜けない存在だ。プロ注目のタレントはないが、レベルの高い選手が揃った強いチームだ。

JR九州は濱野 雅慎、米藤 太一の二枚看板は健在。3年目を迎える速球派右腕・菊地 翔太、2年目の宮島勇二、加治屋蓮と将来有望の若手投手も多い。新人に宮崎県屈指の好投手・吉田 奈緒貴(宮崎商)も加わった。打線はドラフト候補の選手はいないが、常に相手にとって嫌がる攻撃を見せる。ある打者はファールで球数を稼ぎ、ランナーとして出塁すれば果敢に盗塁を狙う。ボディブローのように痛みつけて、クリーンナップは甘い球を見逃さず、得点を還す。

そしてグラウンドに入れば、試合終了まで、高校球児のように声を張り上げる。まさに高校野球の完成形のようなチームだ。

このページのトップへ


【次のページ】 JABA東京スポニチ大会のみどころ、注目選手を一挙紹介!!(3)