第1回 JABA東京スポニチ大会のみどころ、注目選手を一挙紹介!!2012年03月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]Aブロックの見どころ・注目選手
[2]Bブロックの見どころ・注目選手
[3]Cブロックの見どころ・注目選手
[4]Dブロックの見どころ・注目選手

Cブロックの見どころ・注目選手

セガサミー 宮崎選手

"セガサミー・宮崎選手"

Cブロック~セガサミーJX-ENEOS三菱重工名古屋日本新薬、ドラフト候補が揃った4チーム。ドラフトファンとしては見逃せない4チーム~

セガサミーは2年目を迎える左腕・大山 暁史、右腕・木村 佳吾の2人がキーマン。上津原 詳、木村 宣志の実力派右腕の活躍も見逃せない。そして愛知学院大学の浦野 博司が加入。セガサミーにとっては久しぶりの大型新人。捻りを入れて、鋭いスピンを活かした腕の振りから投げ込む最速151キロのストレートと鋭く縦のスライダーは即戦力だ。野手では主砲・十九浦 拓哉、2年目を迎える宮崎 敏郎が中心となって打線を盛り上げる。

 JX-ENEOSも優勝候補に挙がるだろう。エースの大城 基司、投手転向2年目の磯部 泰大塚 椋司北原 郷大とプロ注目の投手が揃う。井領 雅貴、池辺 啓二、柳田 俊幸のクリーンナップを中心に、打線を牽引する。若手では高卒3年目を迎える田畑 秀也の成長に期待。一年目のスポニチ大会の初打席で逆転3ランを打ち、華々しいデビューを飾った後、伸び悩みを見せている男は今年こそ開花出来るか。今年は外野手としてプレー。10日に行われた東日本復興支援試合の社会人選抜として出場した田畑は3打数2安打。シュアな打撃が復活傾向にあり、塁間タイム4.00秒を切る俊足も魅力的。再びブレークを見せるか。

 三菱重工名古屋は菊地 正法、中根 慎一郎の左腕コンビに、若手の速球派右腕・高木 勇人の3人が中心。スポニチ大会で新たな若手投手の台頭に期待。打線では長く主砲を務めた新保が引退したことで、打力低下は必至。核弾頭を務める山田 晃典、主将の吉田 承太らの既存の主力選手の奮起が求められる。新加入選手は2人。脇山 渉(創価大学)は俊足巧打、原田 直輝(法政大学)は春季リーグ戦で2ホーマーを打った長打力が売りの捕手だ。

 日本新薬は2年目を迎える中村 駿介はプロ注目の右腕。最速150キロを超えるストレートとチェンジアップ、スライダーを武器に都市対抗1回戦・東海理化戦で6安打完封勝利。今年もエースとしての活躍が期待される。滝谷 陣、井藤 孝平、榎田 宏樹の左腕トリオは中継ぎ・先発としてフル回転したい。打線では主砲の箸尾谷 英樹、核弾頭の福田 泰平、都市対抗・東海理化戦で本塁打を放った田中 一八が中心になっていくだろう。攻守ともに熟したチームで、安定した戦いが出来るチームだ。

このページのトップへ


【次のページ】 JABA東京スポニチ大会のみどころ、注目選手を一挙紹介!!(4)