時代を映してきた都市対抗野球

  • 伝統ある都市対抗野球も、新時代突入となるか(最終回)
    2012.07.23
    第8回 伝統ある都市対抗野球も、新時代突入となるか(最終回)
    企業が支え育ててきた社会人野球という歴史は変わらないものであろう。それらが、時代の中で形を変えながら成長していくものでもある。また、そうあってほしいと願っている。「不易流行」社会人球界にも当てはまっていく言葉だと思う。
    詳細はこちら
  • 21世紀になって、都市対抗野球にもさまざまな変化が・・・
    2012.07.19
    第7回 21世紀になって、都市対抗野球にもさまざまな変化が・・・
    戦後ずっと右肩上がりの成長を見せていた自動車産業にも陰りが生じてきた。というよりも、ここへきて一気に成長が停滞してきたという状況になった。「もはや、野球どころではない」そんな思いを抱いた社会人野球関係者も少なくなかったであろう。
    詳細はこちら
  • 時代の流れの中で、企業スポーツの基盤に変化
    2012.07.15
    第6回 時代の流れの中で、企業スポーツの基盤に変化
    80年代末に昭和が終わり、新しい時代として平成がスタートするピークを迎えていた昭和の経済事情は、やがて「バブル」という呼ばれ方をしていく。企業スポーツのあり方も明らかに変化が生じてきた。
    詳細はこちら
  • 社会人野球の使命、都市対抗野球の役割
    2012.07.09
    第5回 社会人野球の使命、都市対抗野球の役割
    都市対抗野球が実質、企業対抗という色合いが強くなってきた70年代から80年代の社会人野球。野球に限らず、企業が会社として国内のトップレベルのスポーツチームを保有するということは、一種の大企業としてのステイタスを示すかのようなものでもあった。
    詳細はこちら
  • 社会人野球最盛期の後楽園球場
    2012.07.03
    第4回 社会人野球最盛期の後楽園球場
    最盛期を迎えつつあった70年代の社会人野球は、夏の都市対抗と秋の選手権という形になり、レベルもさらに向上していくようになった。この時代に力を発揮したのは大企業チームだった。
    詳細はこちら
  • 60年代の時代背景と都市対抗野球全盛時代
    2012.06.25
    第3回 60年代の時代背景と都市対抗野球全盛時代
    社会人野球、特に都市対抗野球は、その代表チームの顔ぶれを見ているだけでも、その時代の日本の産業や経済の発達・発展ぶりを推察することができる。つまり、都市対抗の代表は、そのまま日本の産業の推移を示している。
    詳細はこちら
  • 都市対抗代表の歩みは日本の産業の推移
    2012.06.07
    第2回 都市対抗代表の歩みは日本の産業の推移
    社会人野球、特に都市対抗野球は、その代表チームの顔ぶれを見ているだけでも、その時代の日本の産業や経済の発達・発展ぶりを推察することができる。つまり、都市対抗の代表は、そのまま日本の産業の推移を示している。
    詳細はこちら
  • 企業と学校が支えてきた日本のスポーツ界
    2012.05.22
    第1回 企業と学校が支えてきた日本のスポーツ界
    高校野球の繁栄を見るまでもなく、日本の野球界は学校によって支えられてきた。卒業した選手たちは、さらに上の舞台で野球を継続していきたいという思いのもと、それぞれに野球チームを作りだした。
    詳細はこちら