印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第8回 【同級生対談】 阿部 次男さん(富士重工) ✕ 岡崎 淳二さん(鷺宮製作所)2014年09月04日

【目次】
[1]2人の出会い、そしてお互いの印象…
[2]阿部投手のスローカーブが生まれた秘話
[3]長く活躍できた秘訣
[4]現役引退を決めた理由

現役引退を決めた理由


――最後、現役を退こうと思ったのは、なぜですか?

阿部 若い選手と同じことが出来なくなってきたと同時に、成績も落ちてきたので、それで決めました。それでも後半はコーチ兼任でやってきましたが、現役最後の年は、兼任を外して選手一本で勝負させてもらいました。

岡崎 引き際って難しいですけど、とことんやれるところまでやるのは有りだと思いますね。でも、自分は『もう1年、もう1年』と言われ続けていたのですが、社業もしっかりできるようになりたかった。もし、野球だけに打ち込むことが許されるなら、まだやってみたかったという思いはあります。

阿部 僕は『指導者になりたい』という他の目標もでてきたので、現役への未練はありませんでした。

――引退してからは野球とはどのように関わっているのですか?

岡崎 土日は、ずっとうちの子どもと遊びながら、野球も教えています(笑)

阿部 僕はポニーリーグに顔を出していますね。でも、野球を教えるというのは難しいですね。

――改めて、お二人に聞きますが、社会人野球の魅力とはなんでしょうか?

岡崎 地域を代表して戦うことだと思います。僕らの場合、都市対抗に出ると『東京都』代表で出場しますけど、範囲がとても広いので、逆に(富士重工業の)太田市がうらやましく感じることもありました。
“区”代表にしてほしいなと感じたこともありましたけど、自分を見に応援に来てくれた人もいたので、そういう人のためにも頑張りたかった。プロと違って、市民とチームの間との距離が短くて、近くで応援してもらえるのが魅力ですね。

阿部 僕もそうですね。一戦勝負で地域とチームが一体となっていくのが、社会人野球の魅力ですね。

――では、最後となりますが、ベテランのお二人から、若手選手や学生選手たちにメッセージをお願いします!

阿部 成長する過程で必ず壁にぶつかると思います。そのために、ぶつかった時に逃げる方法や考え方を勉強すると、一皮むけて大きくなると思います。その方法は自分でしか見つけられないので、色々な人と接して見つけて欲しいです。

岡崎 悔いが残らない日々を過ごして欲しいです。中途半端にやってしまうと、後悔が大きくなってしまうので、常に向上心を持って。普段の生活も野球につながってくると思うので、意識していてほしいですね。

 阿部さん、岡崎さん、貴重なお話をありがとうござました!

このページのトップへ


【関連記事】
JFE西日本vs鷺宮製作所【第40回社会人野球日本選手権】
富士重工業vs日本新薬【第85回都市対抗野球大会】
新日鐵住金かずさマジックvs富士重工業【第39回社会人野球日本選手権】
富士重工業vs三菱重工広島【第39回社会人野球日本選手権】
富士重工業vs三菱重工神戸【第39回社会人野球日本選手権】

プロフィール

阿部次男
阿部次男(富士重工業)

利根商業高卒業後、1991年に富士重工業に入社。22年間、社会人野球の第一線で活躍してきたサウスポー。2011年には都市対抗野球大会10年連続出場表彰を受ける。その翌年、惜しまれながらも現役を引退する。

<主なタイトル>
第33回社会人野球日本選手権大会最優秀選手賞(2006年)
第79回都市対抗野球大会小野賞(2008年)
都市対抗野球大会10年連続出場表彰(2011年)

岡崎淳二
岡崎淳二(鷺宮製作所)

川越商業高では地区大会2年連続完全試合達成。2年夏には甲子園出場。東洋大学を経て、1995年に鷺宮製作所に入社。入社1年目にチームを20年ぶりとなる都市対抗優勝に導く活躍。18年間、社会人野球で活躍したサウスポーは、2012年に引退を決意。

<主なタイトル>
第32回社会人野球日本選手権大会優秀選手(投手部門)(2005年)
第78回都市対抗野球大会優秀選手(投手部門)(2007年)