連載企画 Human 筑川利希也選手(Honda)序章 「ヒーローは、再び」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第1回 ヒーローは、再び2013年02月21日

 二度の全国優勝を経験した。
 最初は、高校3年生の春の選抜大会。東海大相模高のエースとして、全試合に登板。優勝を手繰り寄せる好投をみせた。

 初戦の今治西戦では、延長10回の末、6対5で勝利。最後までマウンドに立った筑川利希也は、10回裏にセンターオーバーの三塁打を放つ。次打者の打席で、相手投手の初球が暴投となり、その間に三走の筑川はサヨナラのホームを踏んだ。

 2回戦の東洋大姫路戦でも、接戦だった。投げ合ったのは現在、日本生命で中継ぎや抑えで活躍をみせるアンダースロー投手・山脇大輔。
 試合は投手戦となった。筑川は5者連続三振を奪い、13Kをマーク。一方の山脇は初回の立ち上がりに浴びた2点本塁打を悔んだ。この試合を東海大相模は、3対2でものにし、準々決勝へと駒を進める。

 準々決勝は、作新学院との対戦。筑川は3試合連続完投で、9回3失点で好投し、9対3で勝利。続く準決勝の鳥羽戦では、筑川―山本のリレーで被安打4、1失点。11対1と大勝。
 それでも、これまでのピッチングは、筑川にとって決して満足がいく内容だったわけではない。

「チームの優勝を目指してきたので、勝てたことは良かったのですが、それまでの試合を振り返っても、投手として考えたら、完封したいな、もっと三振はとりたいなという思いがありました」
それでも、筑川は負けることはなかった。

 翌日の決勝戦の相手は、智辯和歌山。当時のクリーンナップには、現在のJX-ENEOSの主軸・池辺啓二、武内晋一(ヤクルト)らがいた。その強打線相手に、筑川は8奪三振。11安打打たれながらも、要所を抑えるピッチングで、4対2でチームの初優勝に貢献。大会後に、筑川はこんな言葉を残している。

「センバツではずっと、自分たちのチームが勝てるというイメージがありました」
 その時と、同じ思いを抱いたのは、それから9年後の夏だ。

 2009年の都市対抗野球大会。
 Hondaに入社して、5年目を迎えていた筑川は、すでに投手陣の中では年長のポジションになっていた。この年の夏、筑川は主戦として登板。また打線には、長野義久(巨人)と、同年に三菱ふそう川崎から移籍した西郷泰之をクリーンナップに置き、Hondaは、悲願の初優勝を果たしたのだ。決勝戦後、大会MVPにあたる橋戸賞を受賞。大学を卒業し、社会人野球に入って、やっと、だ。きっと、あの春のセンバツを観た者からすれば、ずっと、彼のこの輝く瞬間を待っていただろう。

 しかし、筑川にとっては、違った。
 もう、あの頃とは違う。あれから9年。彼は多くのものを手離してきた。多くのものを諦め、悩み、そして、新たな希望も見つけた。
 二度の全国制覇を遂げるまでの狭間にあったものとは?筑川利希也が感じてきた思いとは?
 そこには、真のヒーローに育っていく軌跡が、ハッキリと刻まれていた。

 (文・安田 未由

このページのトップへ

【関連記事】
Honda鈴鹿vs王子【第87回都市対抗野球大会】
Honda鈴鹿vsJFE西日本【第87回都市対抗野球大会】
日本生命vsHonda【第41回社会人野球日本選手権】
Hondavs西濃運輸【第41回社会人野球日本選手権】
JX-ENEOSvsHonda鈴鹿【第85回都市対抗野球大会】
第5回 第84回都市対抗野球大会 出場チーム紹介 Honda(狭山市)【第84回都市対抗野球大会 チーム紹介】
第6回 Honda 長谷川 寿監督の「2013年の宣言」【スマイル チャンネル】
第7回 Honda 多幡 雄一選手の「2013年の宣言」【スマイル チャンネル】
第8回 Honda 西銘 生悟選手の「2013年の宣言」【スマイル チャンネル】
第9回 Honda 福田 勇人選手の「2013年の宣言」【スマイル チャンネル】
第18回 JR東日本 田中広輔選手 【2013年インタビュー】
第6回 Honda 西郷泰之選手 (後編) 【2012年インタビュー】
第5回 Honda 西郷泰之選手 (前編) 【2012年インタビュー】
筑川利希也選手(Honda)
東海大相模 【高校別データ】

コメントを投稿する