第23回 JR東日本 関谷 亮太投手2014年11月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]入社1年目を振り返って
[2]悔しいマウンドに終わった都市対抗
[3]日米大学野球での経験が生きたアジア大会
[4]真直ぐの質を高めてワンランク上を目指す

日米大学野球での経験が生きたアジア大会

JR東日本 関谷 亮太投手

――アジア競技大会ではどんな収穫がありましたか?

関谷 韓国と台湾というレベルの高いチームが見られたことです。韓国は全員がプロ選手で、台湾にもプロ選手がいましたが、アジアの野球のレベルは高いと実感しました。

――関谷投手は明大4年時の日米大学野球に出場。MVPを受賞されていますね。

関谷 日米大学野球に出場した経験は、かなり生きたと思っています。その時、海外の選手は日本選手よりもタテの変化に弱いと感じたので、アジア競技大会でもチェンジアップが通用するのでは…と思っていました。

――アジア競技大会では3試合に登板して、計10イニングで無失点と完璧な内容でした。

関谷 3位決定戦の中国の試合では先発して6回を投げましたが、台湾との試合(試合レポート)では最後の2回しか投げていないので…。今回は対戦できなかった韓国相手に投げてみたかったですね。

――ご自身の中で明大時代より成長したと感じる点は?

関谷 真直ぐが強くなったのと、変化球の精度が多少上がってきているところでは。
それと、臨機応変の投球ができるようになったところでしょうか。

 これは、堀井監督にも清水 大輔コーチにも、ピッチングの深いところまで教えてもらっているので、知識が入った新しい引き出しが増えたからだと思いますね。

――大学野球と社会人野球の違いは何だと感じていますか?

関谷 端的に言うなら、社会人野球は一発勝負ということです。やはり緊張感が違います。ただJR東日本は、チーム自体の雰囲気がどっしりしているので、どんな試合でも浮き足立つことはないですね。対バッターで言うと、大きな違いはありませんが、社会人の方がしつこいように思います。大学生なら3巡目まで同じパターンで通用することもありましたが、社会人はそうはもいかないですし。

――いま一番自信がある変化球は何ですか?

関谷 大学時代と変わらずチェンジアップですね。先ほども触れましたが、スライダーは大学時代、右打者から空振りを取れなくて、困った時に投げるボールだったのですが、握りを変えるなどしたところ、自信を持てるまでになりました。カーブも自分の特徴の一つだと思うので、磨いていきたいと思っています。

このページのトップへ


【次のページ】 真直ぐの質を高めてワンランク上を目指す


プロフィール

関谷 亮太
関谷 亮太(せきや・りょうた)
  • 所属:日大三-明治大学-JR東日本
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:180センチ/82キロ
  • 1991年5月10日生まれ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第28回 JR東日本 東條 大樹投手 「中継ぎのスペシャリストを目指して」 【2015年インタビュー】
第8回 【2015年 社会人編】来年の即戦力候補に挙がる投手、野手を紹介!【社会人ドラフト特集】
第7回 ドラフト特集2015 「ドラフト解禁組とドラフト残留組の有力候補をピックアップ!!」【社会人ドラフト特集】
侍ジャパン社会人野球日本代表vs横浜DeNA(ファーム)【侍ジャパン強化試合】
第2回 第84回都市対抗野球大会 総集編MOVIE (決勝編)【ドキュメンタリーMOVIE】
第2回 大会3日目にドラフト1位候補2人が登場!セガサミー・浦野博司&JR東日本・吉田一将【ストップウォッチャー小関順二のドラフト候補 分析レポート】
第15回 第84回都市対抗野球大会 出場チーム紹介 JR東日本(東京都)【第84回都市対抗野球大会 チーム紹介】
第18回 JR東日本 田中広輔選手 【2013年インタビュー】
第17回 JR東日本 吉田一将投手 【2012年インタビュー】
第11回 JR東日本 石川修平選手 【2012年インタビュー】
第3回 JR東日本 石岡諒太選手 【2012年インタビュー】
関谷 亮太(日大三) 【選手名鑑】
日大三 【高校別データ】

インタビュー