第24回 セガサミー 横田 哲投手 【前編】2014年11月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]右利きの左投げ
[2]野球から離れて湧き上がった思い
[3]大学4年の春に訪れた転機

野球から離れて湧き上がった思い

 順調にキャリアを積んでいるように見える横田投手だが、現在に至るまでには野球人生のスタート時と同じく、一風変わった過程をたどっている。

大学選手権優勝が決まり喜びのガッツポーズの横田投手

 小学校から進んだ加治中、その隣にあって「家から近い」という理由だけで選んで進学した飯能南高。2こ上の先輩には中日に入団した武藤 祐太投手がいた。しかし、強豪ひしめく埼玉県にあって、けっして有力校とはいえない。

「公立高校で、僕も野球が強いというイメージはありませんでした。そもそも自分の中で、甲子園に対する強い意識がなかったんですね。でも練習はハンパじゃなかったです」

 あっけらかんとそう語る横田投手。どこかサバサバした印象だ。しかし厳しい練習によってストレートの球速は143キロまでアップ。高校時代はストレートで押す本格派タイプだった。

 大学で野球をするつもりはなかった。最後の夏が終わり野球部を引退すると同時に就職活動をスタート。一時はトラックの製造販売をする会社から内定ももらっていた。だが、野球から離れて初めて湧き上がる気持ちがあった。

「日が経つにつれまた野球がやりたくなったんです。そこで高校の監督にその思いを伝えたのが引退後の8月に入ってから。各大学のセレクションはもう終わっていて。なんとか9月頭に一人だけで見てもらえることになったんです」

 9月1日の始業式が終わった後向かったのは上武大。そこで紅白戦形式のテストに登板し、打たれた。しかし結果は合格。その4年後、上武大は第62回全日本大学野球選手権で初優勝することになる。


【次のページ】 大学4年の春に訪れた転機


プロフィール

横田 哲(よこた・てつ)
横田 哲(よこた・てつ)
  • 所属:飯能南-上武大学-セガサミー
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投右打
  • 身長体重:171センチ/70キロ
  • 1992年3月18日生まれ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第7回 ドラフト特集2015 「ドラフト解禁組とドラフト残留組の有力候補をピックアップ!!」【社会人ドラフト特集】
第25回 セガサミー 横田 哲投手 【後編】 【2014年インタビュー】
第7回 【坂田精二郎さん】元シダックス・坂田氏が振り返る2つのベストゲームとは?【日本選手権 特別企画 『思い出のベストゲーム』】
第2回 大会3日目にドラフト1位候補2人が登場!セガサミー・浦野博司&JR東日本・吉田一将【ストップウォッチャー小関順二のドラフト候補 分析レポート】
第11回 第84回都市対抗野球大会 出場チーム紹介 セガサミー(東京都)【第84回都市対抗野球大会 チーム紹介】
飯能南 【高校別データ】

インタビュー