第24回 セガサミー 横田 哲投手 【前編】2014年11月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]右利きの左投げ
[2]野球から離れて湧き上がった思い
[3]大学4年の春に訪れた転機

大学4年の春に訪れた転機

大学選手権で力投を見せる横田投手

 野球で左投げになるきっかけが“叔父のグローブ”だったとするなら、左投げ投手として急成長を遂げたのは上武大時代だ。

「大学2年の時はストレートも145キロまで出て、スライダーとの組み合わせで通用していました。でも一方で長いイニングを投げられませんでした。コントロールも良くなく、好不調の波も激しくて。信用を勝ち取れないからリーグ戦のメンバーにも入る時と入らない時がある。そんなピッチャーでした。だからどうにかしようと」

 試行錯誤が必ずしもプラスに働かない場合もある。大学3年時にはフォームを変えようとして逆にそれまでの投げ方を見失い、ストレートの球速は140キロに満たないまで落ちた。

「大きく変わったのは大学4年の春先です。社会人や上に進む希望もありましたが、その時点でどこからも誘いはきていなかった。自分でもそうだろうな、とは納得していて、ラストシーズンぐらいはがんばろうと。ストレートの球速が落ちたこともあり、それまでの本格派から軟投派へ志向を変えたんです。まっすぐにこだわらず、信頼できる変化球を作ってコントロールをつけよう、と」

「信頼できる変化球」。それは横田投手の場合、チェンジアップだった。これが今でも得意球であり、最大の武器になっている。

「それまでスライダー、カーブはある程度投げられていました。大学3年からチェンジアップも投げ始めましたが、そこまで自分の中で信用できる球種ではなかったんです。
チェンジアップに注目したのはピッチングに緩急をつけることで、投球の幅が広がるからです。打たせてとることができる。そうすればピッチングも安定し、長いイニングを投げることもできます」

 大学4年春のキャンプで、覚悟の投げ込みを行った。ブルペンで400球、そのほとんどがチェンジアップ。
「今考えればバカでしたね」と振り返るほど、ムチャな投げ込み。しかしケガのリスクを忘れるほど没頭し、チェンジアップの感覚をものにした。

「最初はふつうにOKボールの握りで投げていましたが制球が定まらない。そこからはYouTubeをはじめとしてネットで握りかたを研究しました。あとは投げて感覚をつかみました。
結果、投球の幅が大きく広がりました。チェンジアップはカウント球にも決め球にも使える。すると気持ちに余裕が出てきます。

 もともとの持ち球であるスライダー、カーブもより生きてくる。左右、上下、前後と投球の幅がすべてそろうことで、バッターも迷いますから。当然、チェンジアップを狙ってくるバッターも現れます。でも打席の雰囲気やスタンスから狙っているのがわかるんです。そういう場合は内角にストレートを一球投げてからとか、主導権を握れるようになりました」

後編では、横田選手のテクニカルについてたっぷりと伺いました!お楽しみに!

(インタビュー・伊藤 亮

このページのトップへ


プロフィール

横田 哲(よこた・てつ)
横田 哲(よこた・てつ)
  • 所属:飯能南-上武大学-セガサミー
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投右打
  • 身長体重:171センチ/70キロ
  • 1992年3月18日生まれ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第7回 ドラフト特集2015 「ドラフト解禁組とドラフト残留組の有力候補をピックアップ!!」【社会人ドラフト特集】
第25回 セガサミー 横田 哲投手 【後編】 【2014年インタビュー】
第7回 【坂田精二郎さん】元シダックス・坂田氏が振り返る2つのベストゲームとは?【日本選手権 特別企画 『思い出のベストゲーム』】
第2回 大会3日目にドラフト1位候補2人が登場!セガサミー・浦野博司&JR東日本・吉田一将【ストップウォッチャー小関順二のドラフト候補 分析レポート】
第11回 第84回都市対抗野球大会 出場チーム紹介 セガサミー(東京都)【第84回都市対抗野球大会 チーム紹介】
飯能南 【高校別データ】

インタビュー