第29回 東京ガス 山岡 泰輔投手「体が小さくても夢を与えられる投手になりたい」2016年10月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]この3年間はストレートを磨くために取り組んできた
[2]社会人野球の日本代表を経験して得てきたこと
[3]社会人の3年間は常に学ぶことの連続であった

社会人野球の日本代表を経験して得てきたこと

山岡 泰輔投手(東京ガス)

 もちろん、日本代表での経験はピッチングにも役立っている。「高いレベルのなかで、普段は違うチームでプレーしている選手たちと一緒に練習ができるので、その練習している姿を観察したり、試合での投げっぷりや投球術を見たりして、『こういう場面ではこういうボールを投げるんだ』とか、『こういうバッターはこうやって攻めるんだ』とか、それまでの自分にはなかったところを探すことでいろいろと気付くことがあるので、盗めるものは盗むようにしていました。バッターの様子を見ながら投球するところは、こうした日本代表の合宿から学んだところが大きいですし、これまで18U、21U、侍ジャパン社会人代表と何度か代表に選んでいただきましたが、その度に成長させてもらっています」

 これまでの社会人での3年間を振り返り、山岡投手が自身の成長を感じた試合を挙げてもらった。

「今年の都市対抗・東京2次予選の第3代表決定戦ですね。今年は東京ガスに入社して3年目で主戦を任されるようになっていたこともあって、プレッシャーがこれまでよりも大きかったんです。特に、都市対抗本大会の最後の出場枠を懸けて戦った鷺宮製作所戦はものすごく緊張してしまって、いつもの自分じゃないような感覚でした。

 でも、そのなかでも『勝ちたい』という一心で投げることができ、完封することができたんです。試合の前半は毎回のようにランナーを出して苦しいピッチングでしたが、あの時は『絶対に負けられない』という気持ちしかありませんでしたね。この試合を乗り越えることができたおかげで、それ以降はそこまで重圧を感じずに気楽に投げることができるようになったと感じています」

 そして、今年の都市対抗の本戦では先発、救援にフル回転。「初戦のNTT西日本戦は『勝って、チームを乗せていきたい』と思って先発のマウンドに上がりました。調子自体は特別良かったわけではありませんでしたが、この試合も気持ちで向かって行けたと思います」と話すように、相手打線を3安打に封じて無四球完封勝ち。思惑通り、チームに勢いを付けるのに成功すると、2回戦の三菱重工名古屋戦では「調子が良すぎて油断してしまった」と、8回に同点のホームランを打たれるも9回3失点の好投。

 準々決勝の日本新薬戦は1点リードの9回にマウンドに上がると、2安打を打たれながらも粘りのピッチングで2三振を奪ってチームに勝利をもたらした。続く準決勝の日立製作所戦は2点ビハインドの7回から登板。チームはそのまま敗れてしまったものの3イニングを1安打無失点に抑え、エースのプライドを見せた。

「都市対抗は、会社の方々の応援がすごいですから、投げていて一番楽しい大会ですね。3年連続で出場しましたが、良い経験を積ませてもらえましたし、日本一にはなれずに悔しい思いもしましたが、その悔しさがバネになってさらに成長するきっかけを与えてくれたと感じています」


【次のページ】 社会人の3年間は常に学ぶことの連続であった


プロフィール

山岡 泰輔
山岡 泰輔(やまおか・たいすけ)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:172センチ68キロ
  • 出身:瀬戸内
  • ■選手名鑑
    山岡 泰輔
【関連記事】
第30回 東京ガス 中山 悠輝選手「悔しさを糧に来年はPL時代の盟友とともにプロ入りを」 【2016年インタビュー】
第9回 2016年、即戦力として期待できる好投手・野手をピックアップ!【社会人ドラフト特集】
第1回 大会2日目を彩ったドラフト候補たち―石川歩(東京ガス)、橋本駿介(JFE西日本)【ストップウォッチャー小関順二のドラフト候補 分析レポート】
第18回 第84回都市対抗野球大会 出場チーム紹介 東京ガス(東京都)【第84回都市対抗野球大会 チーム紹介】
山岡 泰輔(瀬戸内) 【選手名鑑】
瀬戸内 【高校別データ】

インタビュー