第29回 東京ガス 山岡 泰輔投手「体が小さくても夢を与えられる投手になりたい」2016年10月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]この3年間はストレートを磨くために取り組んできた
[2]社会人野球の日本代表を経験して得てきたこと
[3]社会人の3年間は常に学ぶことの連続であった

社会人の3年間は常に学ぶことの連続であった

山岡 泰輔投手(東京ガス)

 東京ガスでの3年間で「ただ投げるだけだった高校時代に比べて、レベルが高い打者と対戦する中で、全く新しい投球スタイルを確立することができた」と話す山岡投手。

 プロに入った暁には「野球をしている子供たちから、憧れられるような選手になりたいです。そして、体格に恵まれていなくてもプロでできるんだというところを見せて、同じように体が小さいことを気にしている中高生にも夢を与えられるように頑張りたいです。もし、プロに入ることができたら、先発、中継ぎ、抑え、どの役目を与えられるかは分かりませんが、1年目からチームに必要とされる選手になれるように活躍したいです」と、抱負を語ってくれた。

 最後に、プロを目指す選手へアドバイスをいただいた。

「まずは自分に合った練習法を見つけること。いろんな練習を見て、聞いて、実際に試してみて、自分の引き出しを増やしていくことが大事だと思います。ピッチャーは人それぞれで投げ方が違うし、感覚も異なるポジションなので、これをやれば絶対に上手くなるという訳ではありませんから。また、調子が悪くなったときに、貯めておいた引き出しから、その時に適した練習法を見つけることもできると思うので、普段から自分に合った練習を探すように心掛けておくのが良いんじゃないかと思います」

 そして、もう一つ。「野球をする時は楽しくやってほしいですね。やっぱり楽しくないと頑張れないし、上手くならないと思いますから。もちろん走ったりとか苦しい練習はありますが、その苦しさも試合に勝つために必要な事なので。その一瞬は苦しいですけれど、自分は『楽しくないことはない』と思ってやっていました(笑)。みなさんにも同じように、苦しい練習も楽しく励んでもらいたいです」

 常に周囲から学ぶ姿勢を持ち、良いものは積極的に取り入れること。苦しい練習も楽しくできるように意識を変えること。ドラフト候補になるようなトップレベルの選手でも、突き詰めてみれば地道な練習と上手くなるための意欲が、そのプレーを支えているのだ。

(文=大平 明)

注目記事
・2016年ドラフト特設ページ


プロフィール

山岡 泰輔
山岡 泰輔(やまおか・たいすけ)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:172センチ68キロ
  • 出身:瀬戸内
  • ■選手名鑑
    山岡 泰輔
【関連記事】
第30回 東京ガス 中山 悠輝選手「悔しさを糧に来年はPL時代の盟友とともにプロ入りを」 【2016年インタビュー】
第9回 2016年、即戦力として期待できる好投手・野手をピックアップ!【社会人ドラフト特集】
第1回 大会2日目を彩ったドラフト候補たち―石川歩(東京ガス)、橋本駿介(JFE西日本)【ストップウォッチャー小関順二のドラフト候補 分析レポート】
第18回 第84回都市対抗野球大会 出場チーム紹介 東京ガス(東京都)【第84回都市対抗野球大会 チーム紹介】
山岡 泰輔(瀬戸内) 【選手名鑑】
瀬戸内 【高校別データ】

インタビュー