第30回 東京ガス 中山 悠輝選手「悔しさを糧に来年はPL時代の盟友とともにプロ入りを」2016年12月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]すぐに社会人のレベルの高さを実感 土台を固める
[2]今年は試練のシーズンだった
[3]PL学園の3年間は現在の基礎となっている

PL学園の3年間は現在の基礎となっている

中山 悠輝選手(東京ガス)

 高校時代は、春夏通じて7度の全国制覇を誇る名門・PL学園でプレーしていた中山選手。その当時は、どんな練習をしていたのだろうか。

「冬場は体作りがメインで、転がしたボールを片足でケンケンしながら捕球するなど、下半身を強化するための地味で楽しくないトレーニングばかりやっていました。当時は『こんな練習をして意味があるのかな』と思っていましたが、そのキツい練習を最後までやりとげたからこそ、今もこうして社会人で野球ができているんです」

 高校時代に育んだものは、数年後の未来に芽を出すこともある。

「良いものは継続して続けることが大事なのだと思います。そして、そうやって自分を磨いていく上で必要なことは、まずは自分の長所を見つけること。長打を打てるとか、足が速いとか、自分の自信があるところをどのようにして活かしていくかを考えれば、自分のやるべきことも見えてくると思います。野球をしていたら、周囲からいろんなアドバイスをもらいますが、まずは試してみること。自分に合っていないものはやめればいいんですから」

 そして、今、高校で野球をしている球児へ、メッセージをもらった。
「高校で野球をしているみなさんは、小さい頃から野球が好きで続けていると思うので、その好きという気持ちをプレーで表現してもらいたいですね。好きだからこそ真剣になって、3年間をまっとうしてもらいたいです。そのためには目標を立てるのも良いんじゃないでしょうか。『次の試合に出場する』でも、『ヒットを1本打つ』でも、小さい目標で構わないので、その目標に向かって練習を積んで、達成できたら、また次の目標を立てる。そうやって野球に取り組んでくれたらと思います」

 もしプロの世界へ入れたなら「社会人野球という厳しい世界で3年間やってきたので、そこで培ってきた実力を短期間のうちに発揮したい。そして、与えられたポジションで結果を残して、目標とされる選手になりたいです」と抱負を語った中山選手。指名漏れを味わい、本人にとって悔しさが残るドラフト会議だったが、来年はまだまだ22歳。挽回のチャンスはある。

 PL学園の同期で、同じく社会人入りした前野 幹博ヤマハ)もドラフト候補に挙がる。ともに、来年の社会人野球を盛り上げることを期待したい。

(文=大平 明)

注目記事
・2016年ドラフト特設ページ


プロフィール

中山悠輝
中山 悠輝(なかやま・ゆうき)
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:185センチ83キロ
  • 出身:PL学園
  • ■選手名鑑
    中山 悠輝
【関連記事】
第29回 東京ガス 山岡 泰輔投手「体が小さくても夢を与えられる投手になりたい」 【2016年インタビュー】
第9回 2016年、即戦力として期待できる好投手・野手をピックアップ!【社会人ドラフト特集】
日立製作所vs東京ガス【第87回都市対抗野球大会】
第1回 大会2日目を彩ったドラフト候補たち―石川歩(東京ガス)、橋本駿介(JFE西日本)【ストップウォッチャー小関順二のドラフト候補 分析レポート】
第18回 第84回都市対抗野球大会 出場チーム紹介 東京ガス(東京都)【第84回都市対抗野球大会 チーム紹介】
第10回 日本生命 山本 真也 選手 【2012年インタビュー】
PL学園 【高校別データ】

インタビュー