印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第7回 トヨタ自動車 樺澤健,田中卓実選手2012年04月19日

【目次】
[1]樺澤健選手にインタビュー!
[2]田中卓実選手にインタビュー!
[3]お互いへのライバル意識は?

田中卓実選手にインタビュー!

【田中卓実選手】

■田中卓実選手の高校・大学時代

――拓大紅陵(千葉)では、1、2年生の時は夏の県大会で準優勝。3年生の夏は4回戦まで進出しました。田中選手は1年生の春から、すでにショートのレギュラーとして活躍されていましたね。

田中選手(以下「田中)」 それでも、最後の夏はやっぱり思い出すと、今でも悔しいですね。結局3年間、甲子園に手が届かなかったので。

――(国際武道)大学時代は、2年の春からレギュラーになられて、その後タイトルを何度か取られていますね。レギュラーになるために、練習ではどんな工夫をされていたのでしょうか?

「田中」 3年生の春にサードで、4年生の春はショートでベストナインに選出していただきました。
 練習では、同じショートを守る先輩の動きを見て学んだり、あとは自主練習で、自分の弱いところ補う練習をひたすら繰り返していましたね。

――大学時代も主軸を任されて、活躍を残してきましたね。

「田中」 2年生の時は9番、3年生からは主軸を打つようになりました。だけど、自分はバッティングが苦手でしたね。本塁打数も、4年間で2~3本だと思います。
 それでも力は出し切った感じはあるのですけど、成績について納得のいく内容だったかどうか?って振り返ったら、満足度は60%くらいですね。やっぱり自分たちの代でも神宮(大学選手権、明治神宮大会)に出場したかったなって思いはあります。


■トヨタ自動車に入社して感じていること

――社会人野球の名門・トヨタ自動車野球部の最初の印象は?

「田中」 先輩たちが優しくて、新人が思いっきりプレーしやすいように、すごくやりやすい環境を作ってくださっていると感じますね。

――すでにオープン戦にも出場されていますが、今感じている課題というのはあるのでしょうか?

「田中」 まず守備においては、体の正面で取ること。あとは、取ってから投げる動き。下半身を使って投げるとか、実際に先輩の動きを参考にしますね。先輩たちからも、分からないことは自分から聞いたほうがいいよってよく言われるので、参考に聞いたりしています。
 バッティングでは、スイングスピードをあげること。また出来るだけポイントを引き付けて打つ意識も持って練習に取り組んでいます。あとは広角に打ち分けられるようになりたいですね。

――大学時代とのレベルの違いを感じていますか?

「田中」 そうですね。ピッチャーの変化球のキレとかコントロールの精度は全然違いますね。


【次のページ】 お互いへのライバル意識は?


プロフィール

山縣有輔
樺澤 健(かばさわ たけし)
  • 1989年9月12日生まれ。前橋商-東京農業大出身。高校時代は3年夏に甲子園に出場し3回戦で、その年に甲子園で優勝した佐賀北と対戦。3番・ショートで出場し、甲子園では2試合打率4割2分9厘をマーク。東農大では2年の秋から活躍をみせる。4年間で通算12本塁打を放っている。

プロフィール

山縣有輔
田中卓実(たなか たくみ)
  • 1989年10月30日生まれ。拓大紅陵-国際武道大出身。高校1、2年時に、ショートのレギュラ-として出場し、夏は2年連続で県大会準優勝を経験。大学では、2年の春からレギュラーを掴むと、3年春にサード、さらに4年春にショートでベストナインに選出される。
【関連記事】
拓大紅陵 【高校別データ】
前橋商 【高校別データ】

インタビュー