印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第8回 沖縄電力 金城長靖選手2012年05月24日

 八重山商工高時代に春夏連続で甲子園(2006年)に出場。エースの大嶺祐太(現・千葉ロッテ)とともに、チームのマウンドを託され、打者としてもチームの中核を任されていた金城長靖選手。
 高校卒業後は、沖縄電力に入社。今年で、はやくも6年目の年となる。入社してしばらくは活躍を残すことが出来なかった金城選手だが、昨年は大きくブレイクした。さらに、今シーズンはチームの中軸を任され、金城選手の活躍に期待が高まっている。

最高の甲子園、今振り返れば幸せ

"現在は沖縄電力でプレーする"

――八重山商工時代、沖縄の離島から春夏通じての甲子園出場(06年)で、当時は全国でも大きな話題となりました。甲子園での戦いは今も思い出として強く残っていますか?

金城長靖選手(以下「金城」)  そうですね。最高の甲子園でしたね。でも、僕個人としては、もっと活躍できたかなという思いは、今でもありますね。
ただ、あの雰囲気でプレーできるのは、当時はそんなに感じていなかったのですけど、今振り返れば幸せなことだったなと感じますね。

――金城選手が、八重山商工時代に培ったものとは?

「金城」 高校時代にやっていて良かったなと思うのは、バッティングの量ですね。だけど、その分守備を全然していなかったので、もっとやっておけばよかったなっていう思いもあります。

"今年はチームの主軸として活躍中"

――07年に沖縄電力に入社後も、高校時代の活躍から、注目されることが多かったようですが、上手く気持ちを切り替えていくことは出来たのでしょうか?

「金城」 そうですね。僕たちが残した結果は、高校での結果で、注目されることは嬉しかったですが、その分プレッシャーもありました。ただ、それも良い意味でのプレッシャーに変えて、野球へのモチベーションにつなげていきました。

――当初は、やはり社会人野球のレベルの高さを感じましたか?

「金城」 高校とは全然レベルが違って、ついて行けるかという戸惑いはありましたね。良い先輩ばかりで、先輩方から教えていただくこともたくさんあって、その中で色々吸収していく毎日でした。

――入社5年目の昨シーズン、大城監督は、『今年は金城に期待したい』とおっしゃっていました。ご自身の中でも、何か変化したシーズンになったのでしょうか。

「金城」 昨年は調子が良かったですね。ようやく自分の打ち方というか、機に対応できるバッティングスタイルが身について、しっくりくる打撃ができ始めました。

――具体的にバッティングにおいて、変えた部分というのは?

「金城」 『ボールを呼び込む』ということを意識しました。どれだけ長くボールを見られるかというのと、前に突っ込まずに軸で回転するということですね。コーチの方からのアドバイスや、本などから参考にして取り入れました。昔は全然、本を読んでいなくて、自分の身体に任せっきりでしたので、ちょっとは勉強しないといけないなと思って(笑)


【次のページ】 上の人に頼らず、自分で行動できるように


プロフィール

金城長靖
金城 長靖(きんじょう ながやす)
  • 1988年7月1日、東京都生まれ。八重山商工高校卒業後、沖縄電力。06年、春夏の甲子園に連続出場。甲子園では通算3本塁打を放つ活躍をみせた。
【関連記事】
第8回 第84回都市対抗野球大会 出場チーム紹介 沖縄電力(浦添市)【第84回都市対抗野球大会 チーム紹介】
金城 長靖(八重山商工) 【選手名鑑】
八重山商工 【高校別データ】

インタビュー