第21回 東芝 萩野 裕輔 選手2013年11月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]想定外の活躍
[2]大学時代から東芝に入社して変化したこと
[3]研究されても結果が残せる投手でありたい

研究されても結果が残せる投手でありたい


――今年の都市対抗の好投で、大きく注目が集まったと思います。

萩野 今なぜ抑えられているのかを冷静に考えると、コントロールできているからだと思うんですけど、相手が自分の特徴を分かったときに、果たしてやっていけるのかという思いがあります。
 オープン戦で抑えた後、研究されたら大丈夫なのか?という気持ちで1年間やってきましたが、今年は運が良かったなと思います。
 自分の投球はいつでも出来る自信があります。でも自分の投球で通用するか不安なところがあります。先輩からは「新人の時は怖さを知らないし、データもないから思い切ってやれ。でも2年目は違うよ」と言われています。自分のデータがない中で抑えることができたので、来年は対策を立てられながらも結果を残せるかが勝負だと思います。

――これから冬に課題にしていることはありますか?

萩野 トレーナーの方と相談したのはフォームを変えること。フォームを変えるといっても、サイドにしたりというわけではなく、微妙な部分を変えて、よりスピードが出せればいいかなと。あと筋力があまり強くないので、強化して今年より絶対に良い投手になって来年春を迎えられればと思います。

――フォームはどんな課題がありますか?

萩野 フォームは課題だらけです。例えばテイクバックの際に捻ってしまう癖があるんです。捻ってタイミングがずれるのが打者も嫌だと思うんですけど、もっと理想の形にしたいです。正統派な投げ方で、より良い投手になりたいです。

――社会人は変則的な投手が多いですよね。

萩野 でも、プロがダメでも、長く東芝で投げられればいいなと思っていますので、まずチーム内の競争に勝たないといけないです。来年も強力な新人が入ってくると聞いています。今はたまたま調子が良くて、たまたま抑えられただけのことだと思っています。

――誰をお手本にしていますか?

萩野 メジャーに行った和田毅投手(高校野球ドットコムインタビュー 第65回 福岡ソフトバンクホークス 和田毅選手)ですね。和田投手はコントロールよく投げて三振を奪う事ができているからです。全くタイプは違いますけど、手も足も出ないところへ投げるのは気持ち良いですし、自分もそうなりたいと思っています。あとは武田 勝投手ですね。本当に見逃し三振とか、打者を詰まらせる技術がすごいですので、参考になります。

――来年の今頃はNPBも意識されているのでしょうか?

萩野 まだ自分が都市対抗で抑えられたことに驚いています。試合中は意外と冷静で、試合が終わると、興奮してしまいました。大会が終わって、ビデオを見ると、コントロールは出来ているけど、スピードは足りないなと。それではプロにはいけないと思っています。
 でもプロに行きたいからスピードを上げたいのではなく、今の投球スタイルで、それでプロのスカウト、コーチの方の目に留まっていただければ、とは思います。スピードにこだわると自分の投球スタイルが崩れていく一方なので、悪いところを直して、もっと良くしようというのは思っています。
 何が何でもプロというわけではなく、自分のスタイルである打たせて取る投球はこれから変えないでいきたいと思います。

(文・編集部)

このページのトップへ


プロフィール

萩野 裕輔(はぎの・ゆうすけ)
萩野 裕輔(はぎの・ゆうすけ)
  • 所属:東北高校-東北福祉大学-東芝
  • チーム在籍年数:1年
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投左打
  • 身長体重:182センチ/88キロ
  • 1990年7月23日。宮城県出身。
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第8回 【須田喜照さん】第28回大会(2001年)「野球人生の中で最も充実した一年」【日本選手権 特別企画 『思い出のベストゲーム』】
第20回 東芝 石川桜太 選手 【2013年インタビュー】
第1回 第84回都市対抗野球大会 総集編MOVIE (1回戦~準決勝編)【ドキュメンタリーMOVIE】
第5回 東芝 林裕也選手の「2013年の宣言」【スマイル チャンネル】
第4回 東芝 漆畑哲也選手の「2013年の宣言」【スマイル チャンネル】
第3回 東芝 大河原正人選手の「2013年の宣言」【スマイル チャンネル】
萩野 裕輔(東北) 【選手名鑑】
東北 【高校別データ】
東北学院榴ケ岡 【高校別データ】
東北生文大高 【高校別データ】

インタビュー