2013年社会人野球展望 東日本編

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.01.02

▲大城基志 選手(JX-ENEOS)

2012年は夏秋連覇を達成したJX-ENEOSと、両大会準優勝のJR東日本が社会人野球をリードした。年が改まり、2013年はどうなるか?まずは東日本の展望を!

■社会人野球を観に行こう!
第6回 2013年社会人野球展望 東日本編

 昨年の社会人野球は史上初の都市対抗、日本選手権ともに同じ顔合わせとなり、JX-ENEOSが夏秋と連覇を果たした年であった。
 社会人屈指の強豪として君臨してきたJX-ENEOS。2008年以来、全国でもなかなか勝ち星を挙げることができなかったものの、昨年は全く寄せ付けない強さを見せた。(続きを読む)

■バックナンバー
第5回 【JR東日本 vs JX-ENEOS】捕手の眼で第83回都市対抗決勝戦を振り返る
第4回 滝谷 陣(日本新薬) 4年目の覚悟 【日本選手権大会コラム】
第3回 2012社会人・プロ野球交流戦 社会人オール広島vs広島東洋カープ
第2回 高知球場ナイター設備完成記念試合 四国銀行vs高知FD
第1回 高知球場ナイター設備完成記念試合 四国銀行vs高知FD

【ベースボールドットコム編集部】

コメントを投稿する

前の記事:
【クラブ選手権出場チーム紹介】所沢グリーンベースボールクラブ(埼玉県)