選手名鑑

武藤 好貴(JR北海道)

武藤 好貴

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません

武藤 好貴

所属チーム:
JR北海道
所属都市:
札幌市
球歴:
札幌藻岩 – 中京大
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
177cm
体重:
70kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     昨年は新人ながら都市対抗出場に導いた本格派右腕。高校~大学では好投手として評判であったが、プロ入りはなかった。社会人1年目から主力投手の活躍。JABA北海道大会では優勝に貢献し、都市対抗でも6回1失点の好投を見せた。社会人ではなかなかの好投手と評価していた。ただ今年は会社の不祥事もあり、公式戦を辞退してしまい、今年はチェックできなかった投手であった。彼のようなチェックが難しい投手を外れではあるが、一位指名には驚きである。昨年の都市対抗の投球を振りかえっていきたいと思う。

    (投球スタイル)
    ストレート マックス146キロ
    常時130キロ後半~143キロ
    フォーク 130キロ前後
    スライダー 130~135キロ
    カーブ 125キロ前後
     ストレートは常時140キロ前後を計測する馬力は素晴らしい。かなりのアーム式なフォームで、ストレートにはキレは感じないが、球質の重さを感じさせる。空振りを取るストレートではなく、詰まらせる意味で使っているが、若干高いか。変化球は130キロ台のフォーク。高い位置から振り下ろすので、角度はあり、落差もあるので、空振りを奪える代物。135キロ前後のカットボールはややストレートとスピードは変わらず、手元で曲がるので、中々のキレを誇るが、このカットボールはアウトローに集めていきたい。120キロ前後のカーブはどろーんと大きく曲がる代物。フォーク、カットボールは球速が速く、アクセントを付けるためには有効的な球種。右投手としてはまずまずのスピードで、投げる球種もそれなりの精度はあるため、完成度は高い投手。

    (クイックタイム)
    1.2秒~1.3秒前後とそれほど速くない。フィールディングの動きも悪くない。投球以外の技術はまずまず鍛えられている印象だったが、突出したものはなかった。

    (打者の攻め)
    ・右打者
    外角中心にストレート、スライダー、フォークを投げ分ける配球。ストレート、スライダーで追い込んで、最後はフォークで空振り三振を狙う配球だ。外角の球を活かすためにインコースを攻めていくが、若干甘く入ったり、体の付近に来たりとコントロールは良くない。ただウイニングショットにフォークもあるし、カットボールもあり、目先を変えるためにカーブも投げており、なかなか狙い球は絞り難い投手であると判断する。
    ・左打者
    ストレート、変化球を両サイドに投げ分けるスタイル。直球とフォークのコンビネーションで高低の変化で抑える投手。フォークが鋭く落ちていくので、テンポよく追い込んでいけば高確率で空振りが奪える。

    投球のコンビネーションはしっかり持っている投手で、自分の間で投げることができる好投手だ。ただ投手としてあまり大きくなく、好調時ではない限り145キロ前後のスピードボールは出ないので、打者としては打ち崩し難い投手ではない。アマチュアレベルはまだしも、プロを想定すると厳しくなる。

    (投球フォーム)

    ワインドアップから入りゆったりと左足を上げている。右足の膝は適度に曲がっており、リフトアップの形は良い。ショート方向に足を伸ばして着地していく。左腕のグラブを天に向けて引き込んでいき、大きく反動をつけてテークバックをとっていく。いわゆるアーム式のフォームである。西武、巨人、広島でリリーフとして活躍した豊田のような投球フォーム。こういうフォームはあまり好まれないが、この年までこのフォームで投げ続け、自分の投球を確立してきたため、否定するつもりはない。ただ故障の危険性は高くなるため、故障には気をつけてもらいたい。
    将来の可能性
     投手としての完成度は高く、中々の好投手。ただプロで先発をやるとなると厳しく、適正は中継ぎタイプだ。課題としては低めの制球力。低めの制球力が向上し、さらにスピードを上げていくと楽しみな投手と評価した。

     都市対抗の投球から成長が見られなければとても上位で指名されるような内容ではない。そうなると視察した試合で1年目よりも成長が確認できたことが考えられる。ドラフト1位から指名されたということは1年目から登板機会が与えられる確率は高いだろう。そこで結果を残し、ドラフト1位は正解だったとファンに思わせる投手になってほしい。
    情報提供・文:2011.10.27 河嶋 宗一

コメントを投稿する