選手名鑑

田中 一八(日本新薬)

田中 一八

田中 一八

所属チーム:
日本新薬
所属都市:
京都市
球歴:
福知山成美 – 九州共立大学
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
168cm
体重:
65kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     九州共立大学時代は、強打をアピール。リーグ戦では3本塁打を放つなど、打撃面に置いて高いポテンシャルを発揮しながらも、右肘痛のため満足行くプレーが出来ず、プロ入りはならなかった。入社してからはレギュラーとして起用され、都市対抗・東海理化戦でホームランを放った。小柄だが、それを補うかのようにフルスイングに徹するプレイヤーだ。
    (打撃)
     彼は何と言っても強くフルスイング出来る姿勢と体の強さが売りだ。ヘッドスピードの速さを活かして遠くへ打球を飛ばすことが出来ており、イキの良い打撃を披露する。

     スタンスはクローズスタンス。グリップを高めに置いて、右足と左足をくっつけ、身体を正対させず、背中を向ける特徴的なフォーム。
     
     投手の足が下したところから始動を仕掛けていき、小さく足を上げてインステップ気味に踏み込んでいく。トップの動きを見ていくと深く取っていく。小さな身体を補うがごとく、バックスイングを大きく取って、鋭く振っていく。振り切ったスイングは豪快だが、フルスイングする打者にして、バットを操作するのが上手い選手であり、左横手投げの東海理化の川脇投手の外角に投げる変化球を我慢して、センター前ヒットタイムリーを打った一打は素晴らしかった。強打だけではなく、交わされても、崩しながらもヒットにする粘りがあり、ただでは打ちとれない、良い選手だ。

    (守備・走塁)
     大学時代は外野手。しかし肘を痛めていたということもあって、返球自体弱かった。それもあってか、社会人では一塁を守っている。一塁手として無難に守っている印象。

     セーフティバントを仕掛けられる足を持っており、決めたタイムは3.60秒とかなり速いタイムであった。バントとはいえ、予想以上に速いタイムを計測しており、驚かされた。
    将来の可能性
     小柄だが、ヘッドスピードの速さはかなり速く、しっかりとヘッドスピードの速さを活かして遠くへ飛ばすことが出来る技術を持った打者だ。これで守備・走塁に付加価値が付けば、もっと高い評価をされていてもおかしくない選手だが、満足行く送球が出来ないのが勿体ない。

     今年も3番打者として勝負強い一打を期待されるだろう。好投手を次々と打ち砕く打撃を見せ、チームの勝利に貢献してもらいたい。
    情報提供・文:2012.03.05 河嶋 宗一

コメントを投稿する