選手名鑑

高山 亮太(鷺宮製作所)

高山 亮太

高山 亮太

所属チーム:
鷺宮製作所
所属都市:
東京都
球歴:
東海大相模 – 東海大学
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
173cm
体重:
70kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     東海大学時代は菅野に次ぐ第二の先発として君臨。4年生になってやや調子を落としていたが、補強選手として出場した都市対抗では常時130キロ後半を投げるまでに復調しており、来年へ期待を持たせる内容であった。オリックスがリストアップしている記事を見かけたので、じっくりとチェックを入れてみた。

    (投球内容)
     左スリークォーターから投げ込む直球は常時135キロ~140キロを計測。大学時代は130キロ前半で、あまり勢いが感じられなかったが、社会人になってからは勢いのあるストレートを投げることが出来ており、手元で押し込んで詰まらせる投球を見せている。2年目の今年もストレートのスピードは目に見えて変わっていない。彼は投球術の巧さで速く見せる投球が出来ている。

     変化球は100キロ前後のカーブ、120キロ前後のスライダー、100キロ台のスクリューを織り交ぜる。カーブ、スクリューの速度の遅さは十分で、スライダーのコントロールも安定している。

     先日行われたスポニチ大会ではカーブを多投。揺れて大きく曲がるカーブが実に効果的で、90キロ前後のカーブに、130キロ前後のストレート。およそ40キロ差あり、狙いに行ったストレートをしっかりとコーナーギリギリへ集めているので、打者からすれば打ち難い投球をしている。

    (配球)
    右打者にはストレートを両サイドに投げ分けていきながら、カーブ、スライダー、スクリューを織り交ぜる。右打者のクロスファイヤーを得意としており、140キロ近いストレートをビシッと投げ込むことが出来ている。内角にスライダー、外角にスクリューを織り交ぜて、芯で捉えさせない。ただ力みすぎで、ストレートがシュート回転してしまい、外角高めに入ってしまうのは勿体無い。

    左打者には外角中心の配球。インコースに突く比率は少ないが、こちらもカーブを織り交ぜて、ストレートを速く見せる投球を心掛けている。左打者の制球は安定している。
    (クイックタイム・フィールディング)
    クイックタイムは1.2秒前後。フィールディングの動きは中々軽快だ。投球以外の技術も高く、やはり名門で鍛えられているのがよくわかる。
    (投球フォーム)
    セットポジションから始動する。右足を頭上の近くまで上げていき、左足は一本足で立つ。右足を二塁方向へ送り込んでいきながら、重心を下げるが、あまり腰を落とさず、ステップ幅も小さい。

    右腕のグラブの動きは小さく、開きを抑える。右手の抱え込みは軽く、それほど胸に抱え込んで使っていない。テークバックも小さく取って内旋を行って、トップに入るが、胸の張りが弱い。彼のフォームは迫力がないが、無駄な力が入っていないバランスの良いフォームといえる。
    将来の可能性
     プロ入りとなると、パンチが弱いという印象。ただオリックスには彼のように制球力・コンビネーションで勝負する左腕が多い。使い勝手も良いし、大きな成果は見込めないが、安定した結果は見込める左腕といえる。

     鷺宮製作所に留まっても、長い期間に渡って活躍出来る技術を持った投手であると思うし、もしプロ入りを狙うならば、すべてにおいてレベルアップを望みたい。まずは激戦区である都市対抗を勝ち抜く投球を見せられるか注目だ。
    情報提供・文:2012.03.15 河嶋 宗一

コメントを投稿する