選手名鑑

福 敬登(JR九州)

福 敬登

福 敬登

所属チーム:
JR九州
所属都市:
北九州市
球歴:
神戸西
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
178cm
体重:
82kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     JR九州で濱野に同じ2試合に登板したのが福 敬登神戸西時代は最速143キロを誇る本格派左腕として、プロから注目された逸材。卒業後は神戸西の先輩である濱野に憧れ、JR九州に入社。2年目の今年はスポニチ大会で2試合に登板。鷺宮製作所戦で9回無失点の好投を見せた。

    (投球スタイル)
    ストレート 141キロ
    常時135キロ~130キロ後半
    スライダー 120キロ前後
    カーブ 110キロ前後
    チェンジアップ 120キロ前後
     小気味良い腕の振りから投じる速球は手元まで落ちない勢いのあるストレート。いわゆるキレ型のストレートで、空振りが奪えるのは好感。三振はコーナーへ決めていって、三振を奪うことが出来ている。

     変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ。球種は平凡。まだ見せ球程度で、発展途上。変化球を磨き続ける必要があるだろう。ストレートの筋が良いので、決め球となる変化球を習得すると、かなり良くなっていく予感がある。

    (クイックタイム・フィールディング)
     クイックタイムは1.2秒~1.3秒前後と平均的なクイックを見せている。フィールディングの動きは無難にこなしており、ベースカバーの入りも良い。牽制は適度に入れ、投球以外の技術もしっかりと教えこまれている。

    (配球)
     右打者には速球主体の投球で、追い込んだ時は右打者の懐を抉るクロスファイヤーを得意としている。見せ球としてチェンジアップを使っている。左打者には外角中心の配球。速球主体の投球で、低めに集まっているのは好感。やはり追い込んでからアウトローのストレートで見逃し三振。社会人のレベルで自信を持ってストレートを投げられる姿勢は評価出来る。次は今ある球種を磨いて、投球の幅を広げる工夫をすることだろう。

    (投球フォーム)
     ノーワインドアップから始動する。右足を勢いよく上げていき、左足は一本足で立つ。右足を一塁側へ落としていき、重心を落としていきながら着地する。右腕のグラブをやや上向きにして、開きを抑えていき、弓を引くが如く、大きくテークバックを取ってトップに入る。内旋出来ており、動きは問題ない。リリースに入る。打者寄りでリリース出来ており、自然に腕が振れているのは好感。下半身の動きが体重移動まで無駄がなく、前足にぐっと体重が乗って躍動感のあるフォームを実現している。

     フォームの完成度は高く、キレのあるストレートを低めに集められるのも、下半身主導のフォームで投げているから。安定したフォームで投じており、更に球速を伸ばしていけるタイプだ。
    将来の可能性
     高卒2年目として、フォーム技術が高く、尚且つキレのあるストレートを投げられる人材は稀であり、将来的にプロが狙える才能を持った投手だろう。まだ決め手のある変化球はなく、変化球の精度が低いなど、課題もあるが、良い投げ方で、コントロールが良いので、伸びシロはあるだろう。

     まずはJR九州の主力投手を目指すこと。確かな地位を築いてから、目標であるプロ入りを目指してもらいたい。
    情報提供・文:2012.03.17 河嶋 宗一

コメントを投稿する