選手名鑑

戸田 亮(JR東日本)

戸田 亮

戸田 亮

所属チーム:
JR東日本
所属都市:
東京都
球歴:
大成 – 高千穂大学
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
182cm
体重:
79kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     昨年から150キロ近い速球を投げる投手として評判だった戸田 亮。実際にその投球を目にすると、確かに球速は速いが、それ以外の技術は低いという印象だった。オリックスは技術が低くても、球速の速い右投手は好き好んで指名する傾向にあると思った。

    (投球内容)
     日本選手権決勝から。2番手として登板した戸田は常時145キロ~150キロを計測。社会人でもコンスタントに140キロ後半を計測する投手はいない。彼を評価出来るモノとすれば、ストレートの平均球速の高さといえる。

     変化球は120キロ前後のスライダー、130キロ前後のフォークを投げ込む。フォークで空振りを狙う配球。まだストライクゾーンの中に、150キロ前後の速球と縦スライダーを投げ込むだけの投球で、打者とのタイミングを外したり、間を外したりとした、そういう駆け引きはしない。あれこれ考えて、ピッチングにならないより、開き直って速球を投げた方が良いかもしれない。そもそも彼の投球、投球フォームから型というのは感じないのだ。

     彼には投球術、駆け引きを覚えることはもちろん必要だが、短いイニング向きの投手なので、もっと速球を伸ばしていくべきという考えだ。コーナーへ適度に散らせる制球力を磨きながら、速球で押せるリリーフを目指した方がオリックスのリリーフ陣はより厚くなる。

     クイックは1.2秒前後と標準のクイックは出来ていて、フィールディングの動きも素早く、細かい技術はしっかりやろうとする意識はあり、何より身のこなしが良く、身体能力の高さを感じさせる。
    (投球フォーム)
     セットポジションから始動する。左足を頭上の近くまで上げていき、軸足に体重を乗せていく。引き上げた左足は三塁方向へステップしていきながら、着地する。ステップ幅は狭く、捻りも小さい。いわゆる立ち投げに近い形となり、縦向きの変化球を投げるには適していない。

     角度を付ける為に左腕のグラブを高く掲げていくが、このような使い方をする投手はうまく嵌らないと高めに抜けやすい。フィニッシュに入った時に左腕のグラブはすぐに解けて、体が流れてしまっており、あまり良い形ではない。

     テークバックはコンパクト。小さくテークバックを取ってトップに入るが、センターカメラから見ると、あまり肘が上がっていないうちにリリースに入っている。左腕のグラブを高く掲げている割に、胸の張りが良くない。もう少し胸を張って、上体で鋭く振ることができれば、もっと速球は空振りが奪えるストレートに変貌できると考える。リリースを見ると左ひざが開いた状態でリリースしている。腕が外回りの状態となって、しっかりとしたリリースポイントで投げることができていない。型を求める投手コーチからすれば、型がない外国人投手と認識してもおかしくない。
    将来の可能性
     常時140キロ後半の速球を軽々と投げ込む才能の高さは今年指名された社会人の中でもピカイチ。完全に素材型の投手で、オリックスが彼をどのように育てていくのか興味深いものがあるが、プロではその速球の速さを活かせるリリーフが向いていると思っている。まだ細かな技術にいろいろと抱えているが、プレーぶりをみると、とても真面目な人柄が伝わってくるので、嵌れば伸びていきそうだが、あれこれ言われて伸び悩む可能性も否定できない素材だが、数年後には大化けした!と思わせるぐらいの活躍を見せることを期待したい。
    情報提供・文:2012.11.19 河嶋 宗一
  • 寸評
     高千穂大学時代はエースとして孤軍奮闘し、大学3年秋には12試合に登板し、81イニングを投げたタフネス右腕。185センチの長身から振り下ろす140キロ台の直球がJR東日本・堀井監督の目に留まり、JR東日本に入社した。一年目から公式戦に登板。2年目のスポニチ大会では2試合に登板。東海REX戦では2回三分の1を投げて3失点の大荒れの投球内容。まだ時間がかかる素材という印象を受けた。
    (投球スタイル)
    ストレート 145キロ
    常時140キロ~143キロ
    スライダー 120キロ前後
    カーブ 100キロ前後
    縦のスライダー 120キロ前後
     細身で、肩肘は柔らかく、速い腕の振りが出来る体型をしている。コンパクトなテークバックからストレートはコンスタントに140キロを計時しており、スピード能力は確かなモノがあるのだが、投げ急ぎのフォームで、コントロールは安定しない。

     変化球はスライダー、カーブ、縦のスライダーを投げ込む。スライダーは大きく曲がるのだが、変化するのが早く、打者に見切られて、打ち返されていた。カーブのコントロールも中途半端で、武器になるものがない。偶に投げる縦のスライダーのキレは中々のものだが、自分のモノとしておらず、コントロールは粗く、自分のモノになっていない。細かな制球力に欠け、安定した結果を望むのは難しい。

     自分に自信を持っていないのか、それとも繊細なのか。彼は執拗に牽制を繰り返す。とにかくしつこい。鋭いターンから繰り出す牽制は鋭く、反応が遅れればアウトになってしまうぐらい速い。牽制も1.05秒~1.15秒と実に速いクイックは出来ている。ただ彼のクイックの場合、タイムは速くても、コントロールが悪い。クイックは早くても、コントロールが悪い投手は体重移動が良くない投手ではないかとみている。

    (投球フォーム)
     彼のフォームは「急」のフォーム。ゆったりと投げる意識は見られない。セットポジションから始動し、左足を頭上の近くまで上げていくが、軸足に体重が乗らないうちに、すぐに接地する。彼のフォームに「溜め」を感じないのは足の引き上げ部分であり、この部分をゆったりと上げて、軸足にしっかりと体重を乗せてから、体重移動に移るだけでも、ガラリと変わっていくことが考えられる。

     引き上げた左足は三塁方向へステップしていきながら、着地する。ステップ幅は狭く、捻りも小さい。いわゆる立ち投げに近い形となり、縦向きの変化球を投げるには適していない。

     左腕のグラブを伸ばすが、すぐに引き込んでいく。ただフィニッシュに入った時に左腕のグラブはすぐに解けて、体が流れてしまっており、あまり良い形ではない。

     テークバックはコンパクト。小さくテークバックを取ってリリースに入る。リリースに入るが、まだ球離れが早く、しっかりとしたリリースポイントを掴み切れていない。最後のフィニッシュでも、ぐっと体重が乗らないで、上体の強さで投げているので、下半身の力が使えず、やっつけて投げている。

     纏めてみると本格的且つ専門的な投手指導が行われないままここまで過ごしてきたように感じる。技術的な指導が上手いJR東日本でどこまで変わっていくか。
    将来の可能性
     まだ社会人の投手に成り切れておらず、素材のみで勝負している投手だ。部分的に優れた技術・素質は見られるが、勝ち続けられる投手は技術、メンタルが優れてこそ、安定した力を発揮出来る。潜在能力は高いといわれながら、時間を過ごしていくのか。それとも課題を把握し、一歩ずつステップアップしていくのか。確かな技術を身につけ、首脳陣の期待に応える素晴らしい投球を見せてほしい。
    情報提供・文:2012.03.19 河嶋 宗一

コメントを投稿する