選手名鑑

小石 博孝(NTT東日本)

小石 博孝

小石 博孝

所属チーム:
NTT東日本
所属都市:
東京都
球歴:
鶴崎工 – 立正大
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
177cm
体重:
85kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     西武2位指名を受けた小石 博孝。大学時代の投球・投球フォームに魅入られて、彼を追いかけるようになった。大学時代の投球はドラフト中位で指名される投手と評価した。社会人2年間は順調にいけば、更に高い評価を受けてプロ入りするのかもしれないと期待を抱いた。しかし社会人に入ってからは浮き沈みの激しい投手になり、生で見てきた小石は悪い小石が多かった。武田勝二世と評される独特のフォーム。本人の感覚で作り上げたフォームであり、好調を維持するのは難しいと実感させられた。ただ彼は無類の勝負強さを持った投手なのか。都市対抗では本来の投球を見せ、決勝戦で7回途中までノーヒットピッチングを演じた。西武にとってはここ一番で力を発揮出来る左腕を獲得できたのは長い目を見て大きいといえるだろう。

    (投球スタイル)
    ストレート 137キロ
    常時130キロ~135キロ
    スライダー 125キロ前後
    カーブ 105キロ前後
    シュート 120キロ前後

    速球のスピードは平均して、135キロ前後で、140キロ前半を叩きだしていた大学時代と比べると4,5キロ前後落ちている。それでも面白いように空振りが取れているのは球速表示以上の切れがあり、そして出所が見難く、同じ130キロ台のストレートでも打ち難さが3割増ししているのだろう。個人的にはもう少しストレートのスピードがほしいところだ。調整法、トレーニング法をもう一度見直して、常時140キロ台を叩きだせるまでに戻しておきたい。

    変化球はスライダー、カーブ、シュート。スライダーは打者の手前で小さく切れる実戦的なスライダー。カーブはスラーブのような回転がある。彼のような左腕はシュートやチェンジアップもほしい。以前はシュートの割合も多かった。もう少し幅の広げた投球を見せてほしい。

    (配球)
    ・右打者
    外角中心にストレート、スライダーを投げ分ける投球スタイル。また彼はストレートで空振りが奪えることに自信を持っているのか。高めの釣り球で三振を狙う配球をしている。135キロでも恐れることなく高めの釣り球で三振を奪う度胸があるのが小石博孝なのだ。

    ・左打者
    外角中心にストレート、スライダーを投げている。投球を組み立てていく。左打者には左スリークォーター特有の横の角度を活かす配球を見せている。外角ギリギリにコントロール出来ており、スライダー、カーブも外角に集めることが出来ている。攻めとしてはオーソドックスだが、彼の横の角度からストレート、変化球をしっかりと集められるだけでも左打者は気持ちよく打ちこむことが出来ない。外角を意識させて、内角で体を起こすだけでも、左打者にとっては脅威になるはずだからだ。左打者の内角にはストレート、シュートも投げており、幅広い投球を見せている。

    (投球フォーム)

    小石といえばなんといってもテークバックが完全に隠れた出所が見づらい投球フォーム。左肘を畳んだところから急に腕を振り出していくので、打者の予測を超える。このフォームによって彼の打ちづらさは三割り増しだ。ただ昨年は不調であり、どうも押し出すような投げ方が目立ち、高めに浮く傾向が見られた。

    都市対抗のフォームを見直すと不調時よりは脱した印象。ノーワインドアップから始動し、右足をすり足気味を上げていき、左足は一本足で立つ。捻りを入れず右足を一塁方向に向かって伸ばして前膝をホーム方向へ送り込みながら、体を沈みこませてインステップ気味に着地する。捻りを入れるフォームではなく、横の変化球向きのフォームになる。

    そして左肘を折り畳むように取っていき、出所を完全に隠すテークバック。彼独特のテークバックだが、誰もが出来るフォームではなく、彼はこの難しい動きと連動して、リズム良く体を使える。ただテークバックを隠して投げるから、打ち難いのではなく、彼はそのフォームを活かせる体の動き・リズムが合わさって打ち難いフォームを生み出していると考える。好調時はゼロポジションで腕を振り抜くことができているが、不調時は肘が下がって、押し出すようなフォームで投げているので、それを自分で修正していきたい。

    昨年から主張していたことだが、他の投手にはないメカニズムをしたフォームで投げる投手はすべてのメカニズムが整ってこそ投げられるわけで、どこか狂うと投球を乱しやすいと述べてきた。それは技術だけではなく、精神面も含む。だから気持ちが最高潮に達する大舞台で彼は期待を裏切ることなく、快投を見せてきた。大学時代から振り返れば、東都入れ替え戦、リーグ優勝決定戦、神宮大会決勝では勝負強い投球を見てきたし、社会人に入ってからもその都度、勝負強さを発揮してきた。

    フォーム修正のポイントは自分なりに掴んでいると思うが、あとはこのフォームからスピードを出すか。もう一度トレーニング方法を見直して、鍛え直してほしい。
    将来の可能性
    昨年の不調時よりも脱してきた。出所の見難いフォームから投じる切れのある速球とスライダーには多くの左打者が面くらうはずであろう。ただしプロは常に安定してパフォーマンスが出来る調整力があって、一流といえる。浮き沈みが激しい彼に年間通しての活躍は厳しいのではという見方だ。ここ一番で自分のパフォーマンスが出来る勝負強さは素晴らしいが、それを持続出来るためには自分なりの調整法を確立していかなければならないだろう。彼はフォームから武田勝と比較されるが、年間通して自分の投球をすることを心掛け、淡々と試合を組み立てていく武田勝と、ここ一番で力を入れて勝負強さを発揮する小石とは投手の気質は全く違う。得て非なる投手であると思う。

     まだ彼がブレークしていない時期から見てきただけに思い入れはたくさんあるが、冷静に彼を見ていくと一年間通して、一軍の戦力として活躍するかは想像しにくいが、調子の良い小石が一年間持続することが出来たと仮定をして成績を予想する。

    登板数 30試合~50試合 防御率2.50~3.50

    起用法は中継ぎ。左のワンポイントとしても起用が多くなることが予想されるだろう。
    ぜひプロの舞台でも修羅場を潜り抜けて、強打者を封じて、満面の笑みでベンチに堂々と戻っていく小石を見てみたい。
    情報提供・文:2012.01.09 河嶋 宗一

コメントを投稿する