選手名鑑

田畑 秀也(JX-ENEOS)

田畑 秀也

田畑 秀也

所属チーム:
JX-ENEOS
所属都市:
横浜市
球歴:
桐蔭学園
ポジション:
外野手
投打:
右/左
身長:
178cm
体重:
70kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     高校時代は県大会で5本塁打を放った長打力、あっという間に二塁を奪う快足を見せ、高いパフォーマンスを発揮してきた田畑 秀也。高校時代からドラフト候補として注目されたが、志望届を出さず、即戦力野手としてプロ入りを果たすために名門・JX-ENEOSに進んだ。
     
     田畑はスポニチ大会の初打席でバックスクリーンへ打ち込む華々しいデビューを飾ったが、その後は泣かず飛ばす。たまに見かける打席を見ると、田畑らしい集中力を感じられず、打つ気迫・集中力。何を絞っているのかが分からない打撃内容で、このままではプロ入りは遠のくだろうと思った。

     3年目から本格的に外野手へ転向した。東日本復興支援マッチでは2安打を記録。ようやく田畑の本領発揮かと期待しながらスポニチ大会を見ていたが、社会人レベルを圧倒するパフォーマンスを披露するにはまだ時間がかかる印象を受けた。
    (打撃)
     スタンスはスクエアスタンス。グリップを肩の位置に置いて、バットを寝かせて構える。構え自体は力みがなく、以前より集中力を感じられる構えになってきた。

     投手の足が降りたところから始動を仕掛けていき、高く足を上げて真っすぐ踏み込んで打ちにいく。踏み込んだ足は体勢が崩れずに我慢出来ている。

     トップの動きを見ていくと捕手側方向へぐっと引いていく。しっかりと引いて形成出来ていて強い打球を打つ準備は出来ている。スイング軌道はややアッパー気味のスイングで振り抜いていく。そのため打球は遠くへ飛ばすことが出来ている。彼がバックスクリーンに飛び込むホームランを打てるのも遠くへ運ぶスイングが出来ているからだ。

     個人的に気になったのはインパクト時に首を傾ける癖があること。そのためインパクト時に目線がぶれて、ミスショットがしやすい。彼の凡打のパターンは低めの変化球、インコースの直球を捉えきれず、内野フライになることが多いことだ。

    (守備・走塁)
     塁間タイムは3.94秒を計測。俊足の基準である4.00秒を上回るタイムで、脚力は相変わらず抜群だった。しかし自信がないのか、走ることをしない。これほど素晴らしい脚力がありながら、盗塁を仕掛けていかないのは勿体無い。何を求められているか、それを為すことが出来なければ、評価を上げる事は出来ない。

     打球に対する反応は悪くないし、俊足を飛ばした守備範囲は広いものがある。ただ球際が悪く、キャッチングがまだ雑。地肩はかなり強く、シートノックから鋭い返球を見せるが、三菱重工名古屋戦ではランナー1,2塁で、田畑の下へ打球が飛び、田畑はバックホームで二塁走者を刺すために猛然と突っ込んだが、ファンブル。二塁走者を刺す事をあきらめ、二塁から三塁を狙おうとした走者を刺そうとして大暴投。守備面はまだまだ課題が多い。
    将来の可能性
     この選手には今年か来年にはプロ入りしてほしいと思っている。まだ若いから大丈夫と思っているようでは遅い。気づいたら25、26歳になったら、もうプロ入りはないと思った方が良い。

     外野手はよほどの選手じゃなければ取らない。ただ21、22歳の外野手ならば、まだ粗削りなところがあっても、三拍子で突出したポテンシャルを示せばプロ入りが出来る。プロ入りしてからでも、完成させることが出来るからだ。技術的に成熟する社会人で存在感を示すならば、彼のようなタイプは突き抜けたポテンシャルを見せるべきだ。

     だが今の彼は走攻守に渡って中途半端。偶に潜在能力の高さを感じさせるプレーを見かけるが、本来の実力を発揮出来ずに終わっている。なかなか殻を破ることが出来ていない。それがレギュラーに定着出来ない要因になっているのではないだろうか。

     個人的に期待をしている選手。プロに行ける才能もある。だから大事にしてほしいのは、結果を出せなくても常に高みを目指す姿勢は失ってほしくないということ。一つ一つの課題を克服し、高いパフォーマンスを継続して発揮出来た時、ドラフト指名候補として名乗り上がるはずだ。

    情報提供・文:2012.04.11 河嶋 宗一

コメントを投稿する