選手名鑑

安達 了一(東芝)

安達 了一

安達 了一

所属チーム:
東芝
所属都市:
川崎市
球歴:
榛名 – 上武大学
ポジション:
遊撃手
投打:
右/右
身長:
178cm
体重:
75kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     オリックスからドラフト1位指名を受けた安達 了一について。1年目からショートを任される選手ではないが、将来的にはオリックスの主力選手になる存在であると思っている。都市対抗の結果を振り返っても間違いない。安達了一がここまで評価が高まった理由は打てるショートであるということ。技術的に見れば、課題は多い。今年の陣容を見て、将来的にレギュラーに定着出来る打撃力を持ったショートは彼しかいないのではないだろうか。個人的には買っている選手である。

    (打撃)
    彼の打撃スタイルは外角も巻き込む打撃スタイル。彼は狙い球を絞って打ちにいく選手で、ストレートを好む。狙い球を絞っていくタイプなので、甘い球を見逃す。それが消極的な打撃スタイルに見えかねない。昨年の都市対抗でも狙い球を絞っていても、迷いがなくフルスイングが出来ていたが、結果が出ない焦りからか、簡単な球を打ち上げる傾向が見えた。安達了一は迷いがなくフルスイングをしてこそ安達了一なのである。何を迷う必要がある。

    スタンスはオープンスタンス。トップの位置は高く置いて構えている背筋スタンスはスクエアスタンス。グリップを高めに置いて構えている。投手の足を下ろし始めるところから始動を仕掛けていくスタイル。仕掛け自体は早い。足を高く上げて真っ直ぐ踏み込んでいく。

    トップの動きを見ると予め引いているので、立ち遅れを防ぐことはできているが、ヘッドを寝かせた状態から振り出していくので、インコースを捌くのは難しそうだ。

    ただ彼はスムーズにバットを振れる形を作ることが出来ており、腰の鋭い回転ともにバットスイングしていくため、ヘッドスピードの速さはずば抜けて速く、捉えた打球の速さは圧巻だ。

    彼のヒットゾーンは外角or低め。基本的にボールを巻き込んでレフトへ引っ張るか、押し込んでセンター方向へ鋭い当たりを飛ばすことが出来ている。

    踏み込んだ足はインパクトの際にぶれており、しっかりと力が伝わっていない。鋭いセンターライナーを打ち返した形は理想的だったが、まだ打撃フォームが安定していない。

    (守備)
    彼が注目されたのは守備力であると思う。彼は待って打球を確実に取るスタイルだ。シートノックから丁寧に打球を捌く姿が伝わってくる。地肩の強さはショートとして基準に達しており、プロでもショートを勤まる地肩の強さがあるだろう。彼の肩の強さ、体の強さを実感するのはゲッツー。やや難しい体勢からでもストライクスローが出来ているということ。ランナーを避けるために体を反転させてストライクスローを見せたプレーを見た時は驚かされた。


    ただ気になったのは彼の守備でステップが多いことだ。コンマ何秒。左打者ならば4.00秒前後で駆け抜ける打者が多いプロにおいてロスのある守備は命取りである。もう少しスピード感に拘っていてもおかしくない。チャージの早さに拘ってほしいと思う。

    詳しい走力については測ることが出来なかった。彼はヒットか、フライアウトで、走力を測ることが出来なかったのだ。標準に達する脚力はあるが、足を売りにするタイプではないだろう。
    将来の可能性
    個人的には彼の欠点・今回の結果を含めても3位以内に指名される選手であると評価していた。ところが驚き、まさか1位で指名されるとは思いもよらなかった。それだけショート市場が高騰していたことがうかがえる。彼は社会人の右打ちショートでは最も長打力のある遊撃手。標準以上の守備力を兼ね備えている。
     一年目から即戦力として期待される選手であろう。打撃面の課題は目線のブレを最小限に抑え、地にしっかりと着いたスイングをすること。狙い球を思い切り振り抜くスタイルを貫くこと。変化球の見極めを上手くして、右打ちの技術を極めること。守備面では前の打球に対するチャージを早めること。今の前の打球の詰め方じゃ甘い。プロのショートストップならばもっとスピーディな動きを求めたい。

     オリックスには名手の大引がいる。右打ちの巧さ・安定した守備力だけではなく、手抜きをしないプレースタイルはオリックスにとって大きな存在であり、あと一歩でCSを逃した雪辱を晴らすために大引はさらに大きくなってくれることだろう。その大引から1年目からレギュラーを奪うのは難しい。当面は内野手のバックアップとして出場するのではないだろうか。彼は一塁手の経験もあるので、もしかしたら一塁手として出場する可能性も十分に考えられる。むしろスタメンで出場出来るポジションがあるのならば我武者羅に狙いにいくべきだ。

    彼が一年目から出場機会を与えられたら50試合~100試合、打率.220~250、5本塁打を達成することが出来れば上出来だろう。5年後にはオリックスを支えるショートストップに成長を遂げることを期待したい。
    情報提供・文:2011.12.03 河嶋 宗一

コメントを投稿する