選手名鑑

屋宜 照悟(JX-ENEOS)

屋宜 照悟

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません

屋宜 照悟

所属チーム:
JX-ENEOS
所属都市:
横浜市
球歴:
中部商業,国士舘大学
ポジション:
投手
投打:
右/左
身長:
177cm
体重:
80kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     都市対抗優勝を飾ったJX-ENEOS。そのチームから指名されたのはENEOS投手陣の中で、最も速い球を投げる屋宜 照悟であった。ハイレベルな投手陣ということもあり、なかなか登板することが出来ないまま2年間を送ってきたが、日本選手権で初勝利。そして決勝戦でも好投を見せ、見事に2大会連覇に貢献した。決勝戦の投球内容を続けていければ、一軍登板も見込めるかもしれない。

    (投球内容)

     右スリークォーターから投じる直球は常時145キロ~149キロとコンスタントに145キロを計測しており、今年指名された社会人右腕ではトップクラス。スピード表示だけではなく、質も伴った威力抜群のストレートで、JR東日本の各打者が振り遅れていた。特にピンチの場面で、石岡諒太と対戦した時は140キロ後半を連発し、最速149キロを計測。数字以上に絶対に打たせない!という気迫がひしひしと伝わってきた。

     以前の屋宜は直球が高めへ浮いてしまうことが多く、それを痛打されてしまう欠点があった。だが日本選手権では145キロ級の速球を左打者にはアウトコース、右打者にはインコースへ厳しく突いて、詰まらせていった。彼のストレートは意義打者にいたして位はナチュラルにシュート気味に食い込んでいくので、予想以上に打ち難い。右打者のインコースが絶対的なモノになったことで、社会人屈指の打撃力を持つJR東日本を抑えて行った。

     それまでの屋宜に対する印象は150キロ近く計測していても、何か頼りなさを感じていた。自分の武器を理解し、果敢に打者に立ち向かっていく屋宜の投球に未来を感じた。これぐらい打者に立ち向かっていく気迫があれば、プロでもそれなりに投げられるだろう。

     変化球はスライダー、縦のスライダーの2球種。以前からこの2球種を軸に投球を組み立てていたが、縦のスライダーが以前よりも決め手が出たことで、縦の変化も使える屋宜となった。決勝戦でも縦のスライダーで空振り三振を奪うことが出来ていた。

    クイックはストレート時が1.20秒~1.25秒、スライダー時が1.25秒~1.30秒を計測。クイックタイムは標準で、ややスライダーの時が遅いので、球種を悟られないようにしたいところ。牽制を見ると、ランナーに対しても警戒はしっかりしている。

    (投球フォーム)

     ランナーが出ていない時でもセットポジションから始動する。グラブを一度上げて、右腕を隠し、右足を上げるが、上げ切るまでにすぐに降ろしていくので、あまり溜めがない。

     踏み出した足は三塁側方向へ踏み出していきながら、前足を着地する。前よりも踏み出し足は送りこんで着地するようになり、左ひざの開きを抑えたことによって、3月のようにあっさりと着地していた時よりもタイミングを外し、溜めを作る意識は出てきたように感じる。

     左腕のグラブの動きをみると前よりも高めに掲げて、胸の張りを作る意識が見られる。前は直線的に伸ばしてしまい、胸も張れず、左肩の開きも早い状態のまま投げていたので、打者から見易い形となって、打ち込まれていた。3月の頃に比べると身体の開きは小さくなって、強く腕が振れる状態となっている。内回りの回旋をしていきながら、トップを作り、リリースに入る。肘を使ってしっかりとしたリリースポイントで強く腕を振ることが出来ており、140キロ後半の速球を投げることが出来るようになった。

     フォームに大きな変更はないが、だいぶ腕を鋭く振る形はできるようになってきている。腕を鋭く振れる形を作れるフォームはとても大事なことであり、今後もしっかりと腕を振って力を伝えられるフォームにしてもらいたい。
    将来の可能性
     145キロ~150キロを投じていたが、さらに質が伴っていた投球内容だった。縦のスライダーに決め手が出たことで、縦の変化が使える投手になった。ハムの投手陣において150キロ近い速球、鋭いスライダーを投げられる投手は、貴重な存在になるだろう。日本選手権の決勝の内容は社会人に入って最初で最後で最高の投球であった。今回の投球、気迫が持続出来れば一軍で投げることも可能であろう。1年目は15試合前後の登板を予想しておきたい。

     社会人でそれほど実績がない速球派投手を指名するのはそれまでの指名で、即戦力投手を指名出来たかによると考えているが、日本ハムの場合、新垣勇人(日本ハム)を指名しているので、その余裕があったのだろう。実績のあった大城、北原ではなく、彼を指名したのは彼の潜在能力の高さに期待し、指名したスカウトの期待に応える為にも、打者に向かっていく気迫を忘れず、生き残ってほしい。
    情報提供・文:2012.11.18 河嶋 宗一
  • 短評
     速球の速さにおいてはENEOS投手陣NO.1なのが屋宜であろう。都市対抗西関東予選ではスポニチ大会以上にストレートが走っていた。

     右オーバーから投じるストレートは常時140キロ中盤・最速148キロを計測。コンスタントに140キロ台を計時しており、社会人の右投手でもコンスタントに140キロ中盤を投げられる投手は少ないだけにスピード能力は高い。ただ彼の課題はストレートが高めに集まってしまうこと。スポニチ大会三菱重工名古屋戦では4番に痛いホームランを打たれているだけに、如何に制球に気を付けていくかが課題になる。

     この日はストレートと130キロ前後の高速スライダーのコンビネーション。自信を持って、しっかりと腕を振ることが出来ており、鋭い腕の振りをロスすることなく、指先に力を伝えることが出来ており、球速表示ほどのストレートを投げ込むことが出来ていた。スライダーはスポニチ大会では抜けることが多かったが、やはり腕の振りが良いので、見分けが付きづらい。横のスライダー以上に威力を発揮していたのは縦のスライダー。手元で鋭く落ちる精度の高いスライダーを投げ込んでいた。同じ腕の振りから投げるため威力は強烈だ。

     ただ細かなコントロールを欠く所は春先と変わっていなかった。甘く入りやすく、一発を打たれやすい傾向にあり、大事な場面で使い難い。ただ直球主体の投球で押せる投手は貴重であることは間違いないので、ストレートのコントロールを高めて、大事な場面で使われる投手になることを期待したい。
    情報提供・文:2012.06.03 河嶋 宗一
  • 寸評
     大学時代から140キロ後半の速球を投じる右腕として注目されていた屋宜 照悟。ENEOSに入社し、2年目になった。スポニチ大会では常時140キロ前後の速球を計時していたが、高めに抜ける、それを打ち込まれる傾向は変わっていないと感じた。

    (投球スタイル)
     右スリークォーターから投じる直球は常時140キロ前後を計測。直球には力を感じさせるが、まだベルトよりに集まることが多く、低めに決まらないので、三菱重工名古屋の上位打線にしっかりと振り抜かれていた。先日のオープン戦で最速147キロを計測したと聞いた。140キロ中盤の速球をコーナーに投げ分ける制球力を磨いていきたい。

     変化球はスライダー、縦のスライダーの2球種。大学時代ではシュート系統の変化球を投げていたが、この日はストレート、スライダーのコンビネーションのみ。まだ完全に仕上がっておらず、投げる球種を制限していたのか? 力のあるストレートを投げるとしてもスピード不足であり、コーナーへの制球力も甘く、思うような実力を発揮することが出来なかった。

    (投球フォーム)
     ランナーが出ていない時でもセットポジションから始動する。岩隈(現 マリナーズ)の近鉄時代のようにグラブを一度上げて、右腕を隠し、足上げで間をおいているが、両肩が捕手方向へ一直線となり、左肩の開きも早く、打者から見易い形となっている。そのため140キロ台の速球を投げることが出来ていても、あっさりと振りぬかれる形となっている。左肩の開きを抑え、体に近い軌道で鋭く腕を振って見分けが付き辛い形にしていくべきだろう。腰は横回転で腕の位置も低いので、縦系統の変化球は期待出来ない。微妙に球を動かすなどの工夫が必要ではないだろうか。

     打者からすると合わせやすく、もう少し打たれ難いフォーム・嫌らしさを感じるフォームにしていく時期になってきているのかもしれない。
    将来の可能性
     あまり公式戦の登板はなかったのか、大学時代から大きく変わった点はない。ENEOSは若手投手陣が多いので、結果を残せないと、登板する機会は限られていく投手だが、その中で存在感を示すには投手陣にはない強みを見つけることが必要。

     生き残るためにはコントロール、変化球、投球術など極めていかなければならない課題は多い。潜在能力は高いだけに、確かな技術を身に付け、都市対抗予選で登板を果たすことができているか注目してみたい。
    情報提供・文:2012.04.22 河嶋 宗一

コメントを投稿する