選手名鑑

鹿沼 圭佑(JFE東日本)

鹿沼 圭佑

鹿沼 圭佑

所属チーム:
JFE東日本
所属都市:
千葉市
球歴:
桐生第一 – 東洋大学
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
178cm
体重:
73kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     JFE東日本の都市対抗出場に貢献したのが鹿沼圭祐。東洋大時代はリリーフを中心に活躍。ロングリリーフも辞さず、まさに中継ぎのスペシャリストだった。しかし大学4年で不調に終わり、プロ入りを逃した。1年目は肩痛のため満足いくパフォーマンスは出来なかったが、2年目の今年は絶好調。

     大学時よりも迫力が増したストレートで、奪三振ラッシュ。南関東第3代表決定戦では10者連続三振を含む、4イニング11奪三振で出場に大きく貢献した140キロ前後と突出するスピードではないが、面白いように空振りが奪えるのが魅力的である。

    (投球内容)
     ストレート 
     大学時代は最速145キロも計測していたが、私が見たかずさマジック戦のマックスは141キロ。ただ135キロ前後でも空振りを奪ったり、振り遅れてのファールが目立つなど、手元まで失速しないストレートに変貌。140キロ弱だが、面白いように空振りを奪うのだ。

     第3代表決定戦では4イニング11奪三振(10連続奪三振)とスーパーピッチングを魅せた。しかも対戦経験のあるかずさマジックからだ。マックスに入った時の彼のストレートはスピードだけでは測れないモノがあるかもしれない。

     ストレートが大学時代よりも空振りが奪えるストレートに変貌したのは股関節を重点的に鍛え、リリースポイントを意識的に変えたようだ


    スライダー、カーブ、フォーク
     彼の最大の武器は130キロ前半のスライダーにある。打者の手元でギュっと曲がるスライダーで、空振りが奪える。大学時代の曲がりが大きいものの、曲がり始めが早いスライダーと比べるとかなり実戦的になった。

     主にストレートとスライダーのコンビネーションだが、偶にカーブ、フォークを投げる。フォークの落差はそれほど大きくないが、手元で鋭く落ちる。この2球種の割合を増やして、ピッチングの幅を広げていきたい。

    (投球フォーム)
     ノーワインドアップから始動する。左足を真っすぐ上げていき、右足の膝を適度に曲げて立つ。軸足にしっかりと体重を乗せることが出来ており、バランス良く立つことが出来ている。大学時代はしっかりと足を上がらないうちに体重移動に入る溜めがないフォーム。それが開きを助長し、被安打を多く打たれてきたが、しっかりと溜める意識が出来た。ステップ幅は広くもなく狭くもなく、お尻から先行して重心を下げて、体重移動を行っていき、真っすぐ踏み出すことが出来ている。

     左腕のグラブを斜めに伸ばしていきながら、開きを抑えて、左胸に抱え込んでいく。グラブはしっかりと抱えることが出来ており、余計な開きを抑えることが出来ている。大学時代より開き始めが遅くなった。テークバックはコンパクトに取っていきながら、トップを作る。右肘はしっかりと上げることが出来ており、上半身の使い方は綺麗だ。

     そしてリリース。前で離すことを強く意識したリリースをしている。腕の振りは縦振り。バックスピンのかかったストレートはただボールを打者寄りで意識して離せば投げられるものではなく、下半身でためた力を如何にボールに力を伝えられるかである。だからこそ股関節を重点的に鍛えたのであろう。

     鹿沼はコマみたいな小さな動きで股関節が使えることができるようになったおかげで、踏み込んだ左足のパワーを上にいくのではなくて、直(じか)に止めている時間が長くなって、リリースが多少、前になったと語る。

     コマみたいな動きというと分かりづらいが、前よりも体の突っ込むことが少なくなり、骨盤を本塁方向へ徐々に並進させることが出来るようになったことで、下半身で蓄えた力を伝えることが出来るようになったと考える。というのもこれは本人の感覚と股関節の鍛錬の成果によって伸びのあるストレートを実現できたわけで、理論的に下半身のトレーニングを積み上げていかなければ、伸びのあるストレートを投げられないと彼は教えてくれる。
    将来の可能性
     フォームの安定性、コントロール、ストレートの伸び、変化球のキレを考えると先発でも投げられる適正はありそうだが、東洋時代からセットアッパーを任され、そこで結果を残してきた男なので、セットアッパー、ロングリリーフになると気持ちにスイッチが入って、力を一番発揮しやすいのかもしれない。

     JFE東日本となると2年前に横浜に1位指名された須田がいるが、実際に見て須田のストレートと鹿沼のストレートはそれほど差がない。局面の場面で、気持ちを入れて、迫力満点のストレートでねじ伏せる所は須田と似ている。一つ違うのが須田は多彩な変化球を交えながら打ち取る投手だが、鹿沼は完全なるスライダーピッチャー。そこからピッチングの幅を広げ、ストレートの調子頼らずにピッチングが組み立てられる投手になられるかが指名のポイントではないだろうか。

     中継ぎ限定ということならば、彼は十分にドラフト候補に名を連ねる投手に上がる。ビハインド限定ならばすぐに使える投手だ。彼に求められるのは1年目から重要な場面で使える中継ぎ投手であるか。都市対抗はそれが試される場であると思っている。
    情報提供・文:2012.06.08 河嶋 宗一

コメントを投稿する