選手名鑑

吉田 一将(JR東日本)

吉田 一将

吉田 一将

所属チーム:
JR東日本
所属都市:
東京都
球歴:
青森山田 – 日本大学
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
191cm
体重:
90kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
    (観戦コラムより抜粋 2013年07月15日
    高木 伴に求めた理想的なピッチングを現実に見せてくれたのが第3試合に登場したJR東日本の先発、吉田一将(24歳・右投左打・191/90)だ。世間の注目は桐光学園の左腕、松井 裕樹に集まっているが、この投手を見ないで大騒ぎするのはよしてくれ、と言いたくなるほど抜群のピッチングを披露した。何がいいと言って、これほど難がなく美しいフォームで投げる投手は稀である。そして、美しいフォームとはこれほど打者を圧倒する武器になるのかと、改めて思い知らされた。

     4回に王子の3番に内野安打を許したが、これがなければノーヒットノーランか完全試合はできたのではないかと思われるほど完璧なピッチングだった。ストレートは143キロが最速で大したことはないが、これが左右打者にかかわらず外角低めにピタリと決まる。そして外角低めのストライクゾーンとボールゾーンの間でボールを出し入れし、時折胸元をストレートでえぐって踏み込もうとする体を起こし、今度はスライダーをボールゾーンに逃がして空振りを誘う、あるいは外角低めいっぱいにストレートを投げ込んで立ち往生させるというシーンを何度も見た。

     8回3分の2を投げて許した安打はわずかに2本、奪った三振は11個。11三振のうちスライダーの空振りが4個、ストレートの見逃しが3個と大半を占めた。持ち球にはチェンジアップとツーシームもあるようだが、ストレートとスライダーがあれば十分ではないかと思わされた。少ない球種でも四隅を使えるのでバリエーションが豊富で物足りなさはまったく感じない。即戦力ではこの吉田が圧倒的ナンバーワンと言っていいと思う。いいピッチングを見せてもらった。
    情報提供・文:2013.07.15 小関順二
  • 寸評
     1年目から先発投手として大活躍し、都市対抗では敢闘賞を受賞した吉田。安定感とスケールを兼ね備えたピッチングは2013年度のドラフト上位候補として期待出来るものがあった。都市対抗、日本選手権を下にピッチングを振りかえっていきたい。

    (投球内容)
     まず大学時代と変わったのはストレートの平均球速が上がったこと。常時130キロ後半~140キロ前半だったが、常時140キロ前半~145キロを計測するまでに。平均球速は勿論のことだが、彼は殆ど捕手のミットに構えた位置に来るのが素晴らしい。力を入れればコンスタントに145キロを計測する馬力が備わっており、しっかりとコントロール出来ている。ストレートを軸に社会人相手に好投しているのが吉田の強みだ。

     課題は変化球の制球力が甘いこと。変化球はスライダー、チェンジアップ、カーブを投げ込んでいるが、高めに浮くことが多い。武器にならないから要所ではストレートに頼らざるをえない。痛打されるのはストレートが多いが、ストレートが悪いのではなく、変化球が打者にとって苦にするようなキレではないから。変化球は粘られ、高めに浮いた球筋のストレートを捉えられてしまう。力を入れた145キロ級のストレートをピンポイントでコントロール出来るのが吉田だが、まだ投球の詰めは甘い。

     制球を重視しているのか、クイックが1.30秒~1.40秒前後とそれほど早くないということ。走られやすい側面を持っている投手だ。

    (投球フォーム)

     ランナーがいなくてもセットポジションから入る投手。左足を高く上げて真っすぐ軸足を立たせて体重を乗せる。軸足にしっかりと体重を乗せることが出来ており、その後の体重移動も滑らかとなる。

     次に着地まで。左足を三塁方向へ踏み出していきながら、少しずつ重心を下げていきながら、前膝を送り込んで行きながら重心を沈めていく。前足も前へ送り込んで、歩幅を広く取って踏み出しており、前よりも縦回転を意識した動きとなっている。

     左腕のグラブを斜めに伸ばしていきながら開きを抑えこんでいくが、彼が打たれる時は開きを抑えた時の半身の時間が短い。まだ左ひざの開きが早くなっており、そこが打者から見やすくなっている要因だと考えられる。

     良い時は半身になる時間が長く、そこから長い腕を一気に繰り出して、差し込ませる。テークバックは内回りの軌道で回旋していき、トップを作る。スリークォーターだが、以前よりも肘の位置を少し上げたように感じる。リリースの際に肘が自然と前に出て、打者寄りで離すことが出来ているのが良い。体重移動も問題ない。

     以前よりも肘の位置を上げて、球威を意識した投球フォームとなった。課題は開きの早さ。もう少し半身になる時間を取って、いきなり腕が出てくる感覚を与えられるようになると彼はさらに空振りを奪えるだろう。
    将来の可能性
     大学時代に比べて腕の位置を上げたことにより角度を意識した右の本格派に代わった。来年解禁を迎える投手の中で、都市対抗、日本選手権と共に決勝まで投げた経験は彼だけであり、解禁を迎える投手どころか、残留組でドラフト候補となる投手でも彼しかいない。公式戦での経験値は彼が一番であり、来年は実戦の中で課題を解消していく予感があるのだ。彼の課題は変化球の制球、キレ、投球術。ストレートを軸に投球を組み立てられるのは強みだが、悪く言えば頼りになるのはストレートしかない。即戦力としてそこに意識するには物足りなさを感じる。丁寧に投げようとする意識は見られるので、2年目はストレート以外に軸となる変化球を身に付け、投球の総合力を高めていってほしいところ。

     実績、安定感では解禁を迎える投手の中では一番。2年目はイキの良い新人からJR東日本のエースに相応しい実力を示すことができるか大いに注目していきたい。
    情報提供・文:2012.11.26 河嶋 宗一

コメントを投稿する