選手名鑑

田中 広輔(JR東日本)

田中 広輔

田中 広輔

所属チーム:
JR東日本
所属都市:
東京都
球歴:
東海大相模 – 東海大学
ポジション:
遊撃手
投打:
右/左
身長:
171cm
体重:
80kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     東海大相模―東海大―JR東日本と野球界の王道を歩いてきた田中 広輔。社会人1年目から若獅子賞を獲得するなど活躍を見せている。今年のドラフト候補に上がるショートストップに迫っていく。

    (打撃)
     スタンスはスクエアスタンス。グリップは高めに置いてバットを寝かせて構えている。腰が据わったバランスの良い構えで、両目で見据えることができており、良い構えといえる。

     タイミングの取り方として、投手の足を上げはじめたところから足を上げはじめ、足を高く上げて間合いを取っていき、真っ直ぐ踏み込んでいく。踏み込んだ足は体が開かずにインステップ気味に踏み出している。外角球を捌くことを意識した踏み出しである。

     ぐいっとトップを深くとっていき、振り出していく。グリップが入りすぎずにトップからインパクトまでロスすることなく振り抜く事ができているので、どのコースに対しても順応することができている。また彼はバットコントロールが良いだけではなく、強く振り切ることができていること。140キロ台の速球に対しても振り遅れることなく引っ張ることができており、実戦的な打撃ができている。

    (守備・走塁)

     田中の守備はダイナミックな動きを見せるわけでもないし、ものすごい強肩を披露するわけではないが、打球に合わせるのが実に上手い。リズムを刻むのが上手いと表現していいだろう。内野手においてバウンドに合わせるタイミング、リズムというのはとても重要で、彼はバウンドの跳ね方に応じて、うまく対応できている。これ、なかなか難しいもので、高校生が多くエラーするのはバウンドにうまく合わせられず、難しい打球を捕ってしまうからだ。彼は守備においては堅実なのだ。彼が攻撃的になるのはライナー性。素早く反応して、絶対に抜かせまいと飛び込んでいく。見てて安心できる存在だ。

     塁間タイムは4.00秒前後を記録しており、左打者としてコンスタントに4.00秒を計測する俊足は突出している。盗塁センスの高さは光る選手であり、塁に出れば盗塁を仕掛ける選手だが、社会人では積極的に走ることはなかった。2年目の今年は盗塁に対する意識が変わっているか注目してみたい。
    将来の可能性
     走攻守まとまっている内野手。ただまとまりすぎて特徴がないともいえる。ただ左打ちの遊撃手で、確実に守れる守備力と打率を残せる打撃はドラフト候補として推していい選手ではないだろうか。

     特に守備と走塁は光るものがあり、走塁については脚力自体、非凡なモノがあるので、盗塁技術を磨いて、走れて守れるショートストップとして売りに出せるようになると人気は上がっていきそうだ。打撃も大きな欠点が少ないので、いろいろな投手に対応できるようになることだろう。現時点では本格派の投手には強いので、あとは左の技巧派の対応力を高めていけば、即戦力野手としての期待が高まっていくだろう。今年1年、昨年以上に大きなパフォーマンスを見せるか注目していきたい。
    情報提供・文:2013.01.31 河嶋 宗一

コメントを投稿する