選手名鑑

末永 彰吾(NTT東日本)

末永 彰吾

末永 彰吾

所属チーム:
NTT東日本
所属都市:
東京都
球歴:
筑陽学園 – 帝京大
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
175cm
体重:
70kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     能力の高い投手が揃うNTT東日本投手陣において最も速いストレートを投げるのが末永 彰吾である。帝京大学時代から150キロを計測する投手として注目を浴びていたが、都市対抗まであまり惹かれなかった。スポニチ大会では145キロ前後計測していても、三振を奪うわけではなく、速球の威力を実感させる内容を示すわけではなく、細かな制球力に欠ける。指名は厳しい印象を受けた。クローザーに専念した都市対抗ではイキの良い投球を披露した。都市対抗の内容は指名に値するものであった。社会人残留組を含めて、今年の社会人ではトップランクではないだろうか。
    (投球スタイル)
    マックス148キロ
    ストレート 148キロ
    常時140キロ~145キロ
    スライダー 125キロ~130キロ前後
    フォーク 130キロ前後
    力強い腕の振りから投じる速球は常時140キロ中盤を計測。ストレートの勢いは中々のもので、ややバラつきながらも威力のあるストレートを両サイドに投げ分けることが出来ており、圧倒出来ている。社会人の右投手ではストレートで押せる投手は十亀に次ぐほどの力量であるといえるだろう。

    変化球は横滑りするスライダーとフォーク。以前はストレートとスライダーのコンビネーションだったが、フォークが使えるようになったことが大きい。

    (クイックタイム・フィールディング)
    クイックタイムは1.1秒前後を計測しており、実に素早いクイックが出来ている。フィールディングの動きも良い。
    (配球)
    外角中心にストレート、スライダーに投げ分けていく。ストレートは145キロ前後を計測している上に、アウトローに制球出来ているので、ストレートでは高確率で抑えることが出来ている。ただスライダーの制球が甘く、ストライクゾーン内で変化しているところを捉えられている。スライダーの使い方が課題であろう。

     社会人一年目と比べて良かったのはフォークの使い方・精度が上がったこと。フォークで三振を奪うことも多くなり、むやみにフォークを使わず、ここぞという時にフォークを見せて三振を奪う頭脳的な投球を見せている。
    (投球フォーム)
    ランナーがいなくてもセットポジションから始動する。左足を回しこむように上げていき、軸足の膝をやや曲げて立っている。軸足に体重を乗せることは出来ており、立ち姿は良い。左足を二塁方向に送り込んでいき、重心を下げていきながら、真っすぐ踏み込んでいくことが出来ている。以前はアウトステップで力が逃げる形となっていた。グラブを三塁方向に伸ばして左胸に抱え込んでいき、やや大きくテークバックをとって、しっかりと肘を上げることが出来ている。上半身の形は良く、良いストレートを投げる準備がしっかりと出来ている。やや開きの早いフォームだが、リリーフタイプとしては問題ない。

    以前より良くなったのはリリースで、肘を使って、打者寄りでリリースすることが出来ており、球持ちは良くなり、リリースの粘りが出てきた。それによりバックスピンのかかったストレートが磨かれ、それにより変化球の切れも良くなった。特にフォークの精度もレベルアップしている。最後のフィニッシュでも体がぶれずにスムーズに体重移動が出来ており、最後までブレが少ない安定したフィニッシュとなっている。
    将来の可能性
     力量的にはプロの中継ぎ投手と遜色ないレベルにあり、ストレートの威力、フォークの切れを含めて、投手のポテンシャルならば解禁組・残留組を合わせてトップクラスといえるだろう。

     リリーフタイプの投手だけに、先発タイプよりもアピール出来る機会は限られている。今年はJABA大会・都市対抗予選・都市対抗で即戦力として働くことが出来ることをアピール出来るかを試される年になるのではないだろうか。
    情報提供・文:2012.01.21 河嶋 宗一

コメントを投稿する