選手名鑑

石川 修平(JR東日本)

石川 修平

石川 修平

所属チーム:
JR東日本
所属都市:
東京都
球歴:
小山西 – 法政大学
ポジション:
捕手
投打:
右/右
身長:
178cm
体重:
83kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     法政大学の正捕手として活躍し、大学選手権優勝に貢献したキャッチャー。一年目から正捕手として起用されており、二年目では正捕手として先輩投手の持ち味を引き出して、都市対抗優勝に貢献。彼の力なしで優勝はなかっただろう。彼が社会人デビューした試合で8失点した試合を見ているので、あの試合を思い出すと何か感慨深いものがある。

     攻守にバランスが取れた捕手であり、実績面も十分。突き抜けたポテンシャルを持つ捕手ではなく、プロ側から需要がある捕手ではないと思うが、長く社会人で活躍していける捕手ではないだろうか。

    (打撃)
     
     大学時代に彼に初めて惹かれたのは打撃。サヨナラ本塁打を打っているが、その試合を見て、勝負強い打撃と一発を打つパンチ力を持った選手と印象付けられたが、今でも勝負強い打撃と余計な動作が少ない打撃でヒットを量産する選手だ。


     最初はオープンスタンスであったが、今はスクエアスタンス。膝を曲げて、やや屈めて構えている。投手の足が降りたところから始動を仕掛けていき、小さなステップで踏み込んで打ちにいく。

    トップの動作を見ていくとしっかりとバックスイングをしていくが、グリップが入りすぎることない。しっかりとトップを形成出来ている。ロスが少ないバットスイングで、ミートセンスが光る。プロを狙えるようなヘッドスピードの速さは感じなかったが、軌道は問題ないと思う。踏み込みの強さもあって、踏み出した足はしっかりと踏ん張ることが出来ている。

    打球は基本的にレフト中心で、巻き込んで打つ傾向が多いだが、緩い変化球にヘッドを残して右に打ち返す巧さもある。

    (守備)
     
     彼は試合中、あまり感情を出すことなく、淡々とリードをする捕手らしい捕手。社会人二年目になって、周りが見えてきて自分のプレー、リードが出来るようになった。

     キャッチングは安定しており、しっかりと投手へ向けてミットを提示し、しっかりと掴むキャッチングが出来ている。また十亀の威力満点のストレートに対しても全く力負けせず、しっかりとキャッチング出来ているのも好感。投手が安心して自分の投球が出来る捕手であり、ディフェンス力はかなり高いものがあるといえる。彼の欠点は地肩の弱さか。抜群の強肩ではなく、タイムは2.0秒~2.1秒前後でタイムとしては平均的で、プロの舞台に置き換えると物足りなさを感じる。
    将来の可能性
     想像以上の成長を見せ、都市対抗優勝に導くほどの捕手になった。大卒二年目の捕手でこれほど偉業を成し遂げたのは高い評価するべきであろう。個人的に捕手は実績も評価基準を置いており、今年の捕手で実績面ならば彼が一番だ。実績だけではなく、攻守にバランスが取れた捕手であり、プロに混ぜるとやや特徴が欠く印象を受ける。良い捕手だと思うが、プロを目指すならば打撃、スローイングの強さが欲しいところ。

     プロ入りしなくても社会人で長く活躍出来る捕手であろう。10年連続都市対抗出場も現実的なキャッチャーだ。もし彼が今年にプロ入りにチャンスを懸けているならば、ぜひ攻守の面で大きくアピールしてほしい。
    情報提供・文:2012.01.25 河嶋 宗一

コメントを投稿する