選手名鑑

梅津 正隆(NTT西日本)

梅津 正隆

梅津 正隆

所属チーム:
NTT西日本
所属都市:
大阪市
球歴:
樟南 – 九州共立大学
ポジション:
遊撃手
投打:
右/右
身長:
174cm
体重:
73kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     ルーキー時代からフットワークの良い守備と巧打が光っていたショートストップ。2年目は不調に終わったが、3年目の今年はしぶとい打撃を取り戻し、パンチ力も身につけて選手として熟してきた。プロ入りは成らなかったが、今後もNTT西日本を支えるショートストップとしての活躍が期待できそうだ。
    (打撃)

     スタンスはスクエアスタンス。グリップの位置は肩の位置に置いてバットを水平に立てて構えている。力みが抜けた構えができており、バランスの良さを感じる。

     どの球、どのコースにも対応しようとする意図が透けて見える。投手の足が着地したところから始動を仕掛けていくスタイル。ぎりぎりまで引き付けて抜群のヘッドスピードで打ち返す選手ではなく、ぎりぎりまでボールを見極めて引っ張るか、流すか、ファールで逃げるかと判断しているように感じる。足の上げは小さく、トップの動きも小さく取って振り出す。コンパクトに上から振り出すことができており、きっちりと捉えてくる。

     トータルで見ていくと彼の粘り強い打撃スタイルが発揮できている。ツボに入ればスタンドインさせるパワーを秘めているが、外角直球を押し込んで右方向へ強い打球を打ち返せるのが強み。打力も入社1年目からパワーアップし、ケース打撃も出来る嫌らしい打者として極めつつある。

    (守備)

     まさに基本忠実という表現がぴったりなショート。腰を低く落とし、軽快に打球を捌く。打球の反応も良いし、フットワークも軽快。バウンドに合わせるのも上手く、そして捕球してからスローイングするまでの動作に無駄がない。彼は地肩の強さに自信を持っているのか、普通のショートに比べて守備位置が後ろ。人工芝の上に立っているのが分かる。

     彼は飛び出しがかなり速く、猛然と前へ突っ込んでいき、ボールを捌いていく。ボールを待って捕ることはしないので、安定した守りが実現出来る。深い位置からワンステップで、ダイレクトスローが出来ている。堅実な守備が期待出来る選手で、守備の安定感はプロでも通用する選手といえるだろう。
    将来の可能性
     個人的にはショートのバックアップとして欲しいと思わせる人材。安定した守備力は安達了一以上であり、打撃も粘り強さがあり、一発を打てるパンチ力もある。縞田(JR東日本―オリックス)と天秤をかけても明確な実力差はないだけに、指名がなかったのが不思議な選手だった。

     プロへ行くだけが野球人生ではないので、社会人の一野球選手として全うするのも立派といえる。今後もNTT西日本を支えるショートストップとして活躍することを期待したい。
    情報提供・文:2012.04.18 河嶋 宗一

コメントを投稿する