選手名鑑

西原 圭大(ニチダイ)

西原 圭大

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません

西原 圭大

所属チーム:
ニチダイ
所属都市:
京田辺市
球歴:
今治北 – 関西外語大学
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
178cm
体重:
76kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     速球派投手が好きなカープにしては面白い投手を取ったなと思うのがニチダイの西原圭大だ。外旋気味の腕の振りから常時130キロ台の直球で打たせて取る投球を見せる投手だ。中継ぎにこういう投手がいたら面白いと思う。
    (投球内容)
     右サイドから投げる速球は常時135キロ~140キロ。出ていても140キロ前後だ。打者からすれば、それほど速くないと感じるので、打てると感じるだろう。だが手元で動いてバットの芯を外して打たせて取っていく投球を見せる。自分の投球スタイルを自信に持っており、くせ球をビシバシ投げ込んでくる。低めに集まっていて、落ち着いた投球ができている。

     変化球はスライダー、カットボール、シンカーを投げ込み、コーナーワークで勝負する投手だ。縦の変化がないので、横の変化を見極められてから、どう投球を工夫するかが彼がプロで生き残るカギになるかもしれない。

    (投球フォーム)
     セットポジションから始動する。左足を真っ直ぐ上げていき、右足の膝を適度に伸ばしてバランス良く立つ。左足をショート方向へ伸ばしていきながら、前足を着地させる。テークバックは大きく取っていく。背中側が入るぐらい取っているが、気になったのは着地時に肘が下がった状態なこと。そこから腕を外旋気味で腕を振っていくので、肘への負担が気になるフォームなのだが、25歳で、このフォームで投げ続けたことを考えると彼にとってあったフォームということなのだろうか。彼は骨盤を鋭く回転させて、骨盤の回転を活かして鋭い腕の振りが出来ている。
    将来の可能性
     微妙に球を動かしながら投げる投手で、自分の武器をしっかりと自信を持っている投手なので、1年目から一軍で勝負できる投手だろう。だが小さい動きが多い投手なので、小さい動きのみの変化だと慣れられやすく、何か変化の大きい球種を習得したり、直球のスピードを高めたり、低めのコントロールを究めたり、打者のテンポを外す間合いの取り方など課題は多い。広島には少ないタイプの投手なので、中継ぎとしてみるならば面白い投手。ぜひ長くプロの世界に生き残ることを期待したい。
    情報提供・文:2014.03.01 河嶋 宗一
  • 短評
     都市対抗では日本新薬の補強選手として出場し、JR九州戦に登板。右サイドから135キロ~130キロ後半の速球を武器に投球を組み立て、日本選手権ではエースとして日立製作所を完封。3年目となる来年はエースとしてさらなる活躍が期待される。
    情報提供・文:2012.12.23 河嶋 宗一

コメントを投稿する