選手名鑑

小島 脩平(新日鐵住金鹿島)

小島 脩平

小島 脩平

所属チーム:
新日鐵住金鹿島
所属都市:
鹿嶋市
球歴:
桐生第一高 – 東洋大
ポジション:
一塁手・二塁手・三塁手・遊撃手
投打:
右/左
身長:
177cm
体重:
75kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     オリックスに指名された小島脩平。東洋大時代に首位打者を獲得。社会人一年目から都市対抗で打率.389をマークした。都市対抗初戦でも先制タイムリー、好走を見せるなど、俊足好打堅守をアピールした。ただ以前から抱いていた打撃のパンチの弱さが懸念材料であり、打撃面で苦しむことが予想される。ただ彼のような選手を7位で獲れたというのは他球団がそこまで興味を示さなかったともいえるかもしれない。しかし彼のバットコントロール、脚力のレベルの高さはハイレベルであり、この順位で獲れたのはお買い得ともいえるのではないだろうか。

    (打撃)

     スタンスはスクエアスタンス。グリップを肩の位置に置いて前足の膝を揺らしながら構えている。自然体で構えることが出来ており、構え自体は良い。好打者らしい鋭さを感じさせる構えである。

     投手の足が降りたところから始動を仕掛けていき、足を高く上げていき、真っ直ぐ踏み込んでいく。始動の仕掛け自体は早く、早めに仕掛けて対応していく狙いに見える。トップの位置を見ていくと真っ直ぐ引いていき、グリップが入りすぎないので、インコースにも窮屈になっていかないだろう。インパクトまでロスのないスイングは出来ているといえる。踏み込んだ足はしっかりと踏ん張り、膝の開きも抑えることが出来ている。軸のブレも少なく、全体的に安定したフォームといえるだろう。

     ただ彼はプロの左の好打者と比べるとスイング、打球の速さに物足りなさを感じる。打つヒットの打球が弱い。機敏なショートでは追いつかれるか、ポジショニングによって追いつかれやすい打球にも見える。ヒットを打つ技術は相変わらず長けているのだが、何かパンチの弱い打撃は統一球に置き換えてしまうと今のような打撃が出来るのか。

     一つ言えるのはポテンヒットを狙ったあたりが詰まって打球が全く伸びずに凡フライになることが多くなるだろう。強く振り切って、内野手の間を抜ける打球を打ち続けることが必要ではないだろうか。


     フォークには弱く、待ちきれずに空振りを繰り返している。スイングにはまだ力感がなく、プロ入りするには更に力強さがほしい。今のスイングでは統一球は打ち返せない。

    (守備・走塁)
     
     大学時代は主にショートを守っていたが、ショートとしては肩が弱く、あまり光るものを感じなかったが、社会人ではセカンドへ専念。やはり彼はセカンドの方が向いている。打球に対する反応の良さ、弱いゴロに対しても迷わずに前へ突っ込んでいけるアグレッシブさ、足腰が強く、ランニングスローできる足腰の強さが光っている。守備範囲も広く、捕ってから投げるのも速い。守備力ならばドラフト候補に上がるものだろう。無難に守ることが出来ており、一年目から戦力として計算出来る守備力の高さである。

     塁間タイムは3.90秒~4.00秒前後と実に速いタイムを計測している。プロの左打者でも俊足と類される脚力であり、プロではこの足の速さを強みにしていかなければならないだろう。都市対抗予選では3試合で2盗塁を決めており、隙さえあれば走っていく選手になるのではないだろうか。
    将来の可能性
     彼の打撃のパンチの弱さは気になる材料。それでも毎試合一打席は出塁出来る波のない打撃と、塁間タイム4.00秒前後を駆け抜ける俊足、安定した守備は打撃の弱さを補うものがあるのだろう。例年ならば4位、5位で指名されていた選手であったと思ったが、今年は統一球により多くの打者が苦しめられ、左打者の急激な打撃成績の落下が顕著であった。そういう背景から多くの球団が見送り。その中でオリックスが彼の走攻守の力量に目を付け、野手層を刺激したいオリックスの事情と合致したといえる。

     彼の売りはやはり足しかない。むしろ走れる選手はオリックスにとっては重宝される。何故かというと去年のオリックスのチーム盗塁はリーグ最下位の49盗塁。リーグ一位の本多雄一の60盗塁よりも下回る数字である。チーム方針によりキャンプで社会人は積極的に登用されるようだ。小島はそこで存在感を見出し、走れる内野手として活躍することを期待したい。

    情報提供・文:2012.01.11 河嶋 宗一

コメントを投稿する