選手名鑑

一岡 竜司(沖データコンピュータ教育学院)

一岡 竜司

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません

一岡 竜司

所属チーム:
沖データコンピュータ教育学院
所属都市:
福岡市
球歴:
藤蔭
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
179cm
体重:
80kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     彼を初めて見た時、実に素晴らしい素材だと思った。178センチ80キロでなで肩。投手として理想的な体型をしている。そして投球フォームも良く、鋭い縦振りから投げ込むストレートにはまさにドラフト候補。スカウトの間では都市対抗前からチェックを入れていたと思うが、メディアでは取り上げられることなく、全国的に無名の逸材。彼のような本格派投手がドラフト直前にして突如としてクローズアップされるのだから、面白い。

    まだ投手としての完成度は低いが、勝敗はともかくとして、この男を全国の舞台を経験させたいJR九州の吉田監督の親心は良く分かる。4回途中でマウンドを降りたが、これから社会人で実績を積み重ねていけば、楽しみな投手になっていくと思っていたが、なんと巨人が3位指名だった。はっきり言えば巨人の指名には疑問を持たざるを得ない。明らかに先物買いで、彼を大成させるためには時期尚早という評価である。でも見方を変えれば都市対抗の投球が彼の人生を変えたともいえる。何故ならばあの巨人から3位指名を受けるのだから。普通の評価ではない。明らかに彼の将来性に高い投資をしている。

    果たして巨人は突如として現れたシンデレラボーイを一流の投手に育て上げることが出来るのか。

    (投球スタイル)
    ストレート 146キロ
    常時130キロ後半~145キロ
    スライダー 125キロ前後
    縦のスライダー 130キロ前後
    カーブ 115キロ前後

    力強い腕の振りから投げ込むストレートの威力、スピード、キレはドラフト指名候補クラス。まだ細かなコントロールを欠くが、腕の振りはしなやかで筋の良さを感じさせるストレートであり、150キロを狙えるものを感じさせるが、プロでは145キロ前後のストレートを継続的に投げられる技術を身につけたい。

    初回はストライクゾーンに懸命にストレートと縦のスライダーを投げ分けるだけで配球は捕手任せ。緊張していたから間を考えて投げる余裕はなかったのだろう。それでもしっかりと腕を振って投げることが出来ていたのは良かったと思う。そういう点は中々見所のある男。

    2回、3回からは少しずつ余裕が出てきて、スライダー、縦のスライダーを混ぜながら、コーナーへ投げる意識が出てきた。4回途中でマウンドを降りたが、マウンド度胸は悪くないが、まだ細かい配球やボールの出し入れするのではなく、あくまで勢いのある直球をストライクゾーンに投げ分けるタイプ。全くノーコンではないし、ストレートが高めに抜けることは少ない。細かく見ていくと悪くはない。ただ1年目でプロ1年目から活躍するのは難しく、今は二軍で継続的に結果を残すために変化球などいろいろな引き出しを増やし、レベルの高い打者と対戦して投手としての総合力を高めることになるだろう。。

    (クイックタイム・フィールディング)
    クイックは1.1秒~1.2秒前後と素早いクイックは出来ている。自分の間が合わない時はマウンドを外すなど自分の間合いを考えて投げることが出来る投手であった。ただ牽制はそれほど入れないし、二塁走者が入った時には完全に見切られて三盗をされており、まだ警戒が足りない投手のように思える。

    (投球フォーム)
    セットポジションから始動する。左足を勢いよく足を上げていく。右足の膝は適度に曲がっており、バランスよく立つ事が出来ている。踏み出しのエネルギーは大きいが、バランスを崩さないようにしっかりと立つ事が出来ている。

     左足を二塁方向へ送り込んで重心を下げていき、お尻が先行して落ちている。ヒップファーストが取れており、膝を前へ送り込んで柔軟に接地することが出来ており、縦系の変化球を習得しやすいフォームであり、間が取れているフォームである。

     左腕のグラブの面を上向きするように上げていき、引き込んでいく。膝を柔軟に前へ送り、体を正面に正対させないので、開きは抑えることが出来ており、ここまでは中々意識の高いフォームをしている。テークバックはコンパクトに取っていき、しっかりと肘を上げることが出来ている。そしてリリース。リリースする角度は高いが、無理なく振り下すことが出来ており、肘、肩への負担は少ないだろう。

     最後のフィニッシュでは軸足をプレートに押さえ付ける意識があり、体を浮かせず、低めへ制球する意識が見られる。ただ後ろに重心がかかりすぎてしまい、ぐっと体重が乗らないフィニッシュになることがある。全体的に土台の良いフォームであり、バランス・開き・左ひざの送り方ともに良く、実戦的な投球フォームをしていることが分かった。しっかりと体を作り、フォームのバランスが良くなっていけば凄いストレートを投げる可能性を秘めているのではないだろうか。
    将来の可能性
     ストレートの角度の良さ、切れは十分にドラフト候補クラス。未完成なフォームと思っていたが、思いのほか実戦的且つ力強いフォームをしており、素材としてはかなり素晴らしい。ただ150キロを投げるだけではなく、いろいろな変化球を習得できる可能性を持っていると見込んでいる。巨人が3位で高い順位で指名したのは彼の可能性に期待したからであろう。

    ただ投球術、制球力、完成度という点ではまだまだ素材型としての域に脱しておらず、プロを想定すると一軍どころか二軍でも継続的に成績を残すのは難しいレベルであると思う。巨人は他球団に比べると実戦の機会が多いので、彼のスキルアップを促すためには良い球団ではある。右の速球派投手が多い球団なので、ここから存在感を示すためにしっかりとアピールすることが大切。今の自分にとって何が足りないかを把握し、その克服に向けて努力していく姿勢は問われるのではないだろうか。

     個人的には時期尚早と思っていたが、彼の将来性を高く評価した巨人が彼を育て上げることができるか大いに注目していきたいと思う。
    情報提供・文:2011.11.02 河嶋 宗一

コメントを投稿する