選手名鑑

石山 泰稚(ヤマハ)

石山 泰稚

石山 泰稚

所属チーム:
ヤマハ
所属都市:
浜松市
球歴:
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
182cm
体重:
72kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     ヤクルトに1位指名された石山 泰稚。彼は130キロ後半の直球、スライダー、チェンジアップをコントロール良く投げ分ける実戦肌の投手である。まず彼に何を求められるかを考えていきたい。彼に求められるのはコントロール重視の投球で、淡々と打者を抑えること。

    (投球内容)

     ストレートは常時135キロ~140キロ。ストレートのスピードは突出したものではないが、回転は良く、球速表示以上のキレは感じる。最速147キロといわれているが、大学時代を通じて、彼がそこまでのスピードを出したところは見たことがない。140キロでもキレのあるストレートを投げる投手だろう。制球力が命となった統一球となった現代のプロ野球では、綺麗な球筋のストレートに何か微妙な変化をつけられるストレートが必要だろう。

     変化球は120キロ前後のスライダー、125キロ前後のチェンジアップ、110キロ前後のカーブ。スライダーは打者の手元で曲がるスライダーで、中々良い。チェンジアップの落差もまずまずで、縦割れのカーブも良い。ほぼ同じ腕の振りで投げることが出来ており、緩急を付けることができている。

    (配球)
     彼は140キロ前後でも差し込ませることができていること。空振りも奪うことが出来ているので、ストレートの質は良い。

     基本的に外角中心に投球を組み立てることができている。スライダー、カーブで目先を変えながら、ストレートで押す投球。このストレート。140キロ前後ながら、空振りを奪うことができている。課題としてはカウントを取りに行くスライダーが甘いこと。九州三菱自動車戦では高めに入ったスライダーを持っていかれてしまった。

     ただ打たれてからはカーブ中心の投球で、投球を組み立て、外一辺倒にならず、左打者には膝もとのスライダーを投げて三振を狙う等、投球の幅は広い。

     プロ入りした時、彼はどのようにプロの打者を抑え込んでいくか。やはりストレートに微妙な変化を与えたりすることだろう。ツーシームでもなんでもいい。とにかく打者の芯を外す投球をすることができるか。

     クイックは1.1秒前後とプロレベルのクイックを披露しており、問題ない。フィールディングの動きはまずまず。


    (投球フォーム)
     彼で惹かれるのは投球フォームの綺麗さ。土台の良い投球フォームをしている。

     ノーワインドアップから始動する。左足をまっすぐ上げていき、右足の膝を曲げて、しっかりと軸足を乗せることができている。左足をショート方向へ伸ばしていきながら、前足をゆったりと送り込んで着地することが出来ている。歩幅を広く取って、踏み出している。これは着地の粘りで、タメを作っている狙いだろう。軸足を折り曲げて、しっかりと体重を乗せることができている。ただ重心が前にかかりすぎて後ろの軸足の力を使えない欠点が生じる。

     テークバックは内回りの回旋していきながら、トップを作り、リリースに入る、肘のしなりが良く打者寄りで離すことが出来ている。彼が素晴らしいのはこのリリースで、指先にしっかりと力を伝えることができている。彼が球速表示以上に速いと感じるのはこのリリースにあるのではないかと考えている。

     課題となるのは前足に重心がかかりすぎて、軸足の蹴りあげの力を使い切れていないこと。蹴りあげの力を上手く使うことが出来れば、さらにスピードが伸びていくのではないだろうか。
    まとめ・今後のプロ生活では
     一言でいえば好投手。ストレートは130キロ後半ながらキレも良く、空振りが奪える。スライダー、カーブ、チェンジアップのキレも標準レベルに達し、どの球種もストライクが取れること。投球フォームの土台も良く、ドラフト候補に挙がる投手であろう。土台が良いので、さらに伸びていけば、どんな投手になっていくか楽しみではあるが、1位指名してまで獲りに行きたい投手であるかというと疑問ではある。

    プロ入りすれば、如何に「統一球」を扱えるかに尽きる。目に見えるストレートのスピードは伸びることはなく、微妙に球を動かしながら、打者の芯を外す投球で、打たせて取る投球に徹することができるか。コントロールを悪くして、自滅するようなことはない投手なので、投球の幅を広げていくことができれば、先発は5,6番手。中継ぎとして活躍出来る投手ではないだろうか。

     まず1年目は10試合~30試合の登板を予想している。ここから2年目以降のブレイクを期待してみたい。
    情報提供・文:2012.10.26 河嶋 宗一

コメントを投稿する