選手名鑑

大山 暁史(セガサミー)

大山 暁史

大山 暁史

所属チーム:
セガサミー
所属都市:
東京都
球歴:
別府青山 – 亜大
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
168cm
体重:
67kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     今年のドラフト候補に挙がる左腕投手の中で最も勢いのあるストレートを投げるのが大山 暁史だろう。沈み込んだフォームから投じる常時140キロ台のストレートはプロクラスであったが、その半面、武器になる球種がスライダーのみと投球の幅の狭さが気になる投手であった。昨年に比べて投球の幅を広げ、余裕を持って投球が出来ているかが今年のチェックポイント。都市対抗の2回戦で先発としてマウンドに上がったが、試行錯誤を続けている投球内容であった。

    (投球内容)
     ストレートは常時130キロ後半~140キロ前半と左腕投手としてはまずまずのスピードだが、昨年のミットまで勢いが落ちなかった威力抜群のストレートと比べると物足りなさを感じる。ストレートも高めへ抜ける事が多く、意図的に高めのストレートでねじ伏せていた昨年の大山と違う。意図的に高めのストレートを勝負出来る投手は三振を奪えるが、失投で高めへ抜けるストレートでは痛打される可能性は高い。

     スライダーのみだった昨年と比べるとカーブ、フォークを投げるようになってきている。ただ精度はまだ不十分で、使える球種ではない。それでもプロを意識して、自身から投球の幅を広げる工夫が出来ていたのは評価出来る。プロ入りしても遅かれ早かれ球種を増やすことになっていたのだから。速球が速い投手が、変化球を増やそうとすると速球、変化球、制球力も中途半端な状態になるのは仕方ないと受け止めるしかないだろう。

     ENEOS戦ではストレートの勢いもそれほどでもなく、変化球が高めに浮いてしまい、ENEOS打線はそれを逃さなかった。いきなり2失点される形となったが、大山にとっては良かったかもしれない。速球、変化球も高い水準に達しなければ抑えられないことを痛感したから。ただ3回以降、スライダー、カーブのコントロールが定まり、ピッチングは出来るようになっていった。
    (投球フォーム)
     彼を高く評価したいのは下半身主導のフォームだ。140キロ中盤の速球を投じる事が出来ているのは理にかなったフォームであるからだろう。ただ直球、変化球ともに中途半端だったのはフォームの乱れが影響していると考える。

     ノーワインドアップから始動する。右足を勢いよく上げていき、左足は一本足で立つ。バランスよく上げつつ、勢いよく足を上げているので、小柄ながら踏み出しのエネルギーは大きい。

    一塁側に足を伸ばしていき、重心を下げていき、インステップする。柔軟に接地することができており、その後の滑らかな体重移動につながっていく。腰の動きが横回転にならず縦回転になり、縦系統の変化球

    右腕のグラブを斜めに伸ばして、引き込んで、小さくテークバックをとってトップに持っていく。右手と左手が斜めになるので、開きを抑えることはできており、出所は見づらい形となる。
     
     ただ今年の大山は右肩の開き始めが早く、前足の送り込みが前よりも不十分になり、頭が突っ込みやすい形となっている。

     最後のフィニッシュでは、昨年までの踏み込み足がしっかりと接地し、体が流れることのない滑らかな体重移動は出来ていたが、今年は送り込みが甘くなってしまい、膝が突っ張って、体重が乗っていかないフォームになってしまった。理にかなったフォームでキレのあるストレートを投げられてこそ、キレのある変化球を投げる投げ方につながるのだ。
    将来の可能性
     昨年の速球主体の投球から、投球の幅を広げている工夫は見られたが、まだ試行錯誤を続けているようで、ピッチングが出来ているとは言い難い。フォームでも、メカニズムの狂いが見られた。内容としてはストレートのみで押していた昨年と比べると見劣る内容だ。

     この1年はプロ入りするかではなく、プロ1年目で即戦力として活躍出来るかが基準と考えていたので、都市対抗の投球は即戦力として厳しい。プロのスカウトも先発として考えていないはずで、中継ぎ候補として指名の可能性が考えられそうだが、あくまでプロ1年目から活躍したいというならば、1年残留して、確かな実力を着けてからプロ入りする選択肢もあるだろう。

     挽回するチャンスとしてはあと三ヶ月間の公式戦で先発としても勝負出来ることをアピール出来るか。今年の数少ない左腕投手としてぜひ都市対抗以上のピッチングを見せてほしい。
    情報提供・文:2012.07.31 河嶋 宗一
  • 寸評
     亜細亜大時代から小柄からキレのある140キロ台のストレートを投げ込む投手として注目されていた大山 暁史。社会人1年目から即戦力として活躍。NTT西日本戦では先発として好投を見せた。鋭い腕の振りから繰り出す常時140キロ台のストレートは来年のドラフト候補へ期待を持たせる内容であった。

    (投球スタイル)
    ストレート 144キロ
    常時135キロ~140キロ前半
    スライダー 120キロ前後

    左スリークォーターから投げ込む直球は常時135キロ~140キロを計測。大学時代よりも速球の力強さが増し、糸を引くように伸びていく速球のキレ味はプロの左腕投手とひけをとらないものがあり、来年のドラフト候補と呼べるレベルにあるだろう。ただ直球の割合が多く、変化球の引き出しが少ないのが気がかり。

    変化球はスライダー、シュートを投げていたが、この試合ではスライダーが中心だった。以前はシュートを混ぜる配球が見られたが、この試合ではストレートで押す投球が見られ、どちらかというと消耗度が激しい投球をしている印象が否めなかった。

    (配球)
    ・右打者
    ストレートは両サイドに投げ分けるが、どちらかというと外角の割合が多い。とにかくストレートで押していく投球が目立つ。球種が少ないからストレートに頼らざるを得ない展開で、結果としてストレートに頼る投球になる。ストレートの切れが上回っている時はいいものの、ストレートの切れが悪く、本来の調子ではない時はどんな投球を組み立てていくか注目される。
    ・左打者
    外角中心にストレート、スライダーを投げ分ける配球。力押しの投球であり、緩急もなく幅の狭い投球である。

    (クイックタイム・フィールディング)
    クイックは1.05秒~1.15秒前後と素早いクイックができているし、牽制もしっかりと入れており、ランナーへの警戒がしっかりしているといえる。フィールディングの動きもしっかりしている。

    (投球フォーム)
    ノーワインドアップから始動する。右足を勢いよく上げていき、左足は一本足で立つ。バランスよく上げつつ、勢いよく足を上げているので、小柄ながら踏み出しのエネルギーは大きい。

    一塁側に足を伸ばしていき、重心を下げていき、インステップする。柔軟に接地することができており、その後の滑らかな体重移動につながっていく。

    右腕のグラブを斜めに伸ばして、引き込んで、小さくテークバックをとってトップに持っていく。右手と左手が斜めになるので、開きを抑えることはできており、出所は見づらいといえるだろう。腕の振りも体の近くで振ることができており、球持ちは良い。最後のフィニッシュでは踏み込み足がしっかりと接地し、体が流れることなく、終えている。滑らかな体重移動は出来ているが、やや勢いに任せたところがあり、力みすぎると体勢を崩す場面が見られる。それも躍動感のあるフォーム故に仕方ないことか。投球フォームには大きな欠点が見られず良いといえるだろう。
    将来の可能性
     速球のキレ、投球フォームの完成度の高さ、投球以外の技術の高さは高いレベルに到達しており、速球のキレはプロの二軍投手より凌駕するレベルに達していると評価する。ただ投球が若いというか、少ない球種で勝負していくために投球の幅が狭く、このまま可能性を広げないままならばプロでは中継ぎタイプになるのではないだろうか。ただ性格上、短いイニング向きにも見える。

    来年はますます先発としての働きが期待されるが、投球の幅をどこまで広げることが出来るかを春先からしっかりと確認していきたい。
    情報提供・文:2011.11.04 河嶋 宗一

コメントを投稿する