選手名鑑

佐藤 達也(HONDA)

佐藤 達也

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません

佐藤 達也

所属チーム:
HONDA
所属都市:
狭山市
球歴:
大宮武蔵野 – 東海大北海道
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
178cm
体重:
75kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
    オリックスに3位指名を受けた佐藤達也。HONDA屈指の速球投手だが、等級を組み立てる能力に欠き、HONDA内では中継ぎというポジションにとどまった。アマチュアレベルで先発出来ない投手はプロでは厳しいというのが一般論。最近は分業化され、その投手の能力を最大限に発揮出来るポジションで投げることが出来れば大きな戦力になることは間違いない。今年の社会人投手でリリーフとして140キロ台後半の速球を常に投げ続けることが出来る馬力を持った投手は佐藤達也だけだ。
    (投球スタイル)
    ストレート 149キロ(2010年都市対抗)
    常時143キロ~147キロ(2011年都市対抗)
    スライダー 130キロ前後(2010年都市対抗)
    フォーク  130キロ前後(2010年都市対抗)
    都市対抗では僅か打者2人のみの対戦。すべてストレートで、変化球はなかった。昨年のデータも合わせていきたい。

    コンスタントに140キロ後半を叩き出す馬力はアマチュアでもトップクラス。140キロ台後半のストレートは圧倒されるものだ。ただストレートは高めに浮いており、空振りを取ったゾーンはボール球が多い。ボールの見極め能力が格段に上がるプロではアマチュアで圧倒していたこのストレートで勝負できるのか?

     それは配球の仕方で勝負できる。変化球はスライダー、フォークがあるが、それほど切れるものではなく、あくまでカウントを稼ぐ為の変化球。しかしこれはプロでは通用しない。ウイニングショットと呼べる変化球を習得。そして低めの制球力を磨いていかないとストレートで勝負できるストッパーになれない。速球を投げる才能だけはピカイチだが、まだ課題は多い印象を受けた。
    (打者の攻め)

    基本的に外角中心にストレートを勢いよく投げ込んでいく配球。スライダー、フォークも投げているが、カウントを整えるためであって特筆すべき決め球はない。自慢のストレートも高めに浮いてしまう傾向があり、あまり良いとは言えない。プロでも高めのストレートで空振りを奪うことはできるが、問題はその高めをどう振らせるかだ。今の攻めだと高めは絶対に手を出さない。

    (投球フォーム)
    歩幅を狭めグラブを腰の辺りにおいたセットポジションから入る。左足を胸元の近くまで上げていき、右足の膝をやや曲げてバランスよく立つ。リフトアップの形は良い。

    左足をショート方向に伸ばして、重心を下げて、着地をしていく。歩幅は狭く、着地自体は早い。左腕のグラブを真っ直ぐ伸ばして引き込む。打者と正対させているため開きは早く、予測はしやすい。テークバックは大きく取っていき、リリースに入る。踏み出しからテークバックを作るまでの動きはどこかしなやかさを欠き、やや力みが見える。当然ながら細かな制球力はなく、ストレートの威力に頼ることになる。

    やや顎が上がって目線の位置がぶれやすいが、腕の振り自体は抜群。リリースに入るときに軸足のスパイクが離れてしまうタイミングが早く、そのため高めに浮くことが少なくない。
    将来の可能性
     昨年から根本的に変わった点というのはない。やはり高めの速球とフォークを売りにするパワーピッチングには変わりないということ。そして根本的に変えることが出来ず、制球力を意識すると小さな投球になってしまい持ち味が出ないということだ。個人的には高い評価出来ない。

     プロを想定すると彼の能力を発揮出来るポジションは当然ながらリリーフとなる。彼が有利な点を上げるとすれば、統一球により詰まらす投球が有利になったということ。今年のプロ野球は多くの打者が統一球に苦しんだ。その中で、球威のある145キロ前後の速球を投げる右投手にとっては有利。彼が145キロ前後の速球を投げ続け、フォーク,スライダーを磨き、特にフォークが決め球として見出すことが出来れば、中継ぎとして1年目から30試合前後の登板は期待出来るのではないだろうか。そのラインに達すれば、彼の今までのパフォーマンスからして十分に合格点が与えられる成績だ。

     球威があって、実戦力を欠く投手は球威が命なので、他の投手に比べれば短命だ。彼のストレートの球威が落ちた時にどういう方向性を目指していくか。球威を衰えさせないように30歳を超えてもとにかく体を苛め抜き、若い肉体で圧倒していくか。それとも技巧派に転じていくか。

     プロで長く活躍出来るように、今からでも自分の幅を広げていく取り組みを重ねること。その積み重ねでオリックスを支えるセットアッパーとして活躍してくれることを期待したい。
    情報提供・文:2011.11.25 河嶋 宗一

コメントを投稿する